ORICON STYLE

2010年2月17日
楽曲からその人らしさやソウルが伝わるような音楽をやりたい


――久々の作品作りにあたってはどんなイメージを持って臨んだんですか?
【Tina】 漠然としてるんですが、今回は自分の中に「Lady Soul」っていうキーワードがあったんです。私は元々アレサ(・フランクリン)とかチャカ(・カーン)とか、そういうバンドサウンドのソウルミュージックにルーツがあるし、あとは楽曲からその人らしさやソウルが伝わるような音楽をやりたいなって思っていました。


――「PRIDE」はレトロなソウルの雰囲気が漂う曲ですね。でも、HIP HOPやジャズのテイストもあるし、メロディーには昭和歌謡も感じました。
【Tina】 その歌謡曲っぽい感じをいなたさとカッコよさのスレスレのところでいかにアレンジするか。そこが今回テーマでしたね。いなたいんだけどかっこいいっていう。あと求めたのは遊び心ですね。


――歌詞ではどんな世界を描きたかったんですか?
【Tina】 ちょっと粋で、鼻っ柱が強い女性で。だけど、歌謡曲テイストを感じさせるようなレトロな表現もある歌詞になればなって思ってたんです。


――ここに描かれた女性像を「○○な女」と例えると?
【Tina】 うーん・・・愛に生きたい女、かな。愛されたいし、愛したいし、だけど素直になれない自分もいるし、みたいな女性像ですね。


――恋する女性の凛々しさと切なさ、両方が描かれてますよね。
【Tina】 表裏一体ですよね、そこは。強がれば強がるほど、そこには切なさが伴ったりすると思うんですね。一生懸命になればなるほど、ちょっとこっけいな部分もあったりとか。私自身も凛としていたい、強くありたいっていう理想の自分と本当の自分とにギャップがあって、でもそこでもがいたりすることが人間らしさだって思うんです。そこをこの曲で出せればなっていうのはありましたね。


今は肩の力を抜いてできるようになった


――表面的な心情やきれいごとを並べただけじゃ、人間らしさって伝わりづらいですもんね。

【Tina】 そうですね。あと、私自身、前はそうやってもがいている自分が許せなかったんです。クールっていうか、“こうあるべき”っていう自分がいて。それが年齢やキャリアを重ねたことで、今は“そんな自分も含めて私だな”って思えるようになったというか。(デビューからの)10年間でいろんな事を感じる自分がいて、今は肩の力を抜いてできるようになったかなって。もっと等身大の、もっと“私”っていうところでいいんじゃないかって思っているんですよね。


――ところで、プロモーションビデオには、遊び心からか、豚が登場してますね。しかも、豚の模様とTinaさんの衣装の柄もマッチしてて(笑)。
【Tina】 違うの、アレはね、まさかのドンかぶりなの(笑)。当日、撮影現場に行ってみたらブチの豚がいて。ブッチって名前なんですけど、撮影で抱っこしたら私の洋服と馴染んじゃって。あれはミラクルだったんですよ(笑)。


――動物モノということで撮影中ハプニングとかありました?
【Tina】 可愛いからずっと抱いてたら豚が寝出しちゃったの。そしたら周りの人が手を叩いて「ブッチ起きて!ホラ!」とか起こしてるのが、歌ってる途中、視界に入ってきて何回も笑っちゃって。あとはイントロで「どん!」ってベースとかの音が鳴るたびに、豚がびくんっ!って(笑)。アレはかわいかったですね。

(文: 猪又 孝)
RELEASE

PRIDE

PRIDE
Tina
発売日:2010/02/17[シングル] 価格:\1,223(税込)
エピックレコードジャパン 品番:ESCL-3315
CDを購入する(Amazon) このCDについて語ろう 着うた(R)配信

PROFILE


ジャスサックス奏者の父親の影響を受け、幼少の頃からブラックミュージックに親しむ。
1999年4月7日、シングル「I'll be there」でメジャーデビュー。
1999年11月3日、1stアルバム『Colorado』をリリース。初登場1位を獲得。
2000年、『日本ゴールドディスク大賞』ニューアーティスト・オブ・ザ・イヤーを受賞。
移行、アルバム『Orario』 『Respeto』 『Tina best selection true love』 『Cuore』 『Tina』をリリース。
2005年2月3日、ベストアルバム『Tina Complete Best』をリリース。
2010年2月17日、エピックレコードジャパン移籍第1弾シングル「PRIDE」をリリース。

ARTIST PAGE ARTIST COMMUNITY OFFICIAL SITE
PLAYPLAY