ORICON STYLE

2010年01月27日

デビューからの軌跡と言う意味も込めたアルバム

――昨年11月に行った初のヨーロッパツアーはいかがでした? 【西川】 完全にアウェイなので、武者修行というか。毎日、焼け火箸をほっぺたに押し付けられてるような感じで・・・。
【岸】 それだったら断ってるよ(笑)。
【西川】 いや、それぐらいの気持ちでいくよと。でも最初のモスクワでみんなのイメージが変わりました。
【SUNAO】 お客さんが熱狂的ですごくて、いいスタートだった。これでもしかして楽しくいけるんじゃないかって思えました。

――焼け火箸じゃなかったと(笑)。 【西川】 ですね。でも逆にその状況に甘えられないなって気が引き締まったし、全員がひとつになって結束力も強まりました。

――ヨーロッパツアーの直前には『TOKYO-EBISU 7 days』公演などもあり挑戦の連続でしたけど、そういった経験は今回のアルバムに反映されてる? 【西川】 されてますね。昨年はアルバムまでがひとつのゴールってことで、その中で能動的なスパイラルを描けたからそういう感じはアルバムにすごく出ていると思う。で、挑戦をし続けたことで感じた“もっと先にいける”って想いであったり、1stアルバムからここに至るまでの軌跡って意味も含めて、アルバムタイトルには“ROAD”って言葉を入れたんですよ。

――確かにアルバムを聴くと、1stから2年間のa.b.s.の変化や流れを感じます。特に「JAP」以降は、歌詞の内容もストレートになって、ベクトルがより外へ向っている気がしました。 【岸】 リアルな詞になってるってのはありますね。
【西川】 でもそうなったのは、何かきっかけがあったわけではないんです。元のメロディーなりアンサンブルから湧いたイマジネーションで自然とそういう歌詞が出てきた部分が大きくて。
【柴崎】 1stは“a.b.s.とは?”ってとこに集中したサウンドだったけど、今回はもうちょっと広がりを持たせたかったから、その影響かもしれないですね。
【西川】 あとはやっぱりライブを焦点にして曲作りをしたからだと思う。ライブの度に“今度はこういう曲が欲しいよね”ってなって、それが次の曲なりアルバムの新録曲になっていったから自然と外に広がっていったんじゃないかな。

“やったもん勝ち、やっていくしかない”とリアルに感じた

――そんな新録曲の中でも「PINEAPPLE ARMY」とかは詞のメッセージもサウンドもかなり振り切っていて。究極にアッパーで大胆になっていますね。 【西川】 これはヨーロッパツアーの合間に書いたんだけど、もっとでっかいことを届けたいって思ったらこうなって。ツアーができたことで“やったもん勝ちでしょ、やっていくしかない”ってリアルに感じたんですよね。でも、それもその前に「JAP」があったからで、ここをきっかけに今までの硬質な感覚がより柔軟になった。この曲がなかったら「PINEAPPLE ARMY」は出てこなかった。

――a.b.s.のエポックメイキングな曲になったと。そういった変化も含めて09年は4人にとってどんな年でした?例えば漢字1文字で表すとしたら? 【SUNAO】 転がるかな。ライブと制作期間のいいスパイラルができたし。
【柴崎】 僕は4弦。テンションが高いし、張りがあったので。
【西川】 あ、深い!ギターの4弦ね。
【岸】 僕は"走"。1年突っ走って音楽活動をしてきました。ちょっと走りすぎたなってのもあるけど(笑)。
【西川】 僕は“動”。今までやってきたことが栄養分としていきわたり、全部を使いきれるようになったから。今後は目をつぶってもa.b.s.ができるというか、自分の中の技が自分のものになって、玉数も増えていく気がしますね。

(文:若松正子)

Release

ABINGDON ROAD【初回生産限定盤DVD付】

ABINGDON ROAD【初回生産限定盤DVD付】
abingdon boys school
発売日:2010/01/27[アルバム] 価格:\3,500(税込)
エピックレコードジャパン 品番:ESCL-3340/1

CD購入 このCDについて語ろう
ABINGDON ROAD【通常盤】

ABINGDON ROAD【通常盤】
abingdon boys school
発売日:2010/01/27[アルバム] 価格:\3,059(税込)
エピックレコードジャパン 品番:ESCL-3342

CD購入

Release

1996年、T.M.Revolutionとしてデビュー後、数々のヒット曲を世に送り出し、今年10周年という大きな節目を迎えた西川貴教による新バンドプロジェクト。 坂本龍一のコンサートツアーや、布袋寅奏のツアーメンバーとしても活動中の岸利至(Key& Programming)、WANDSの第1期メンバーとしてデビュー。その後は数々の作品で作曲、アレンジなどでも活躍中の柴崎浩(G)。T.M.Revolutionのツアーメンバーとしてはもっとも長く、レコーディングやライブなど、数々のセッションにも参加してきたSUNAO(G)、西川貴教(Vo)の4人組。 “abingdon boys school”というバンド名には、“バンドやろうぜ!という志のもとに男子校の生徒4人が集まった”というコンセプトと、“音楽を楽しもう!という誰しもが音楽を始める時に抱く純粋な初期衝動”が込められている。
2006年12月6日、シングル「INNOCENT SORROW」(TX系アニメ『D.Gray-man』オープニングテーマ)をリリース。
2007年10月17日、アルバム『abingdon boys school』をリリース。
2008年7月16日、DVD『abingdon boys school JAPAN TOUR 2008』をリリース。
2009年2月25日、シングル「STRENGTH.」をリリース。
2009年5月20日、シングル「JAP」をリリース。
2009年8月26日、シングル「キミノウタ」をリリース。
2010年1月27日、アルバム『ABINGDON ROAD』をリリース。

ARTIST PAGE COMMUNITY OFFICIAL SITE

▲このページの最初に戻る