ORICON STYLE

2009年04月22日
Ken Special interview
初のソロアルバムでの制作秘話を語る!
PV「“S”」
 L'Arc〜en〜Cielのギタリスト、Kenが3月発売の2ndソロシングル「Deeper」に続き、初のソロアルバムをリリースした。ハードにして叙情的な味わいを持ったアルバムについて、彼自身に話を聞いた。
純粋に曲を作ることが楽しかった

――『IN PHYSICAL』はKenさんにとって、初のソロアルバムになりますよね。このタイミングで作品をリリースした意図は?
【Ken】
 特に“ソロをやるぞ!”って始めたわけではなくて。『KISS』(L'Arc〜en〜Cielのアルバム)を出してからのツアー(『TOUR 2007-2008 THEATER OF KISS』)が糧になったのか、その後の『TOUR 2008 L'7〜Trans ASIA via PARIS〜』っていうワールドツアーで、すごく気持ちいい演奏ができたんですよ。それで気分がよくなってツアーの空き時間に曲を作り始めたんです。その時は、誰が歌うとかいつリリースするとか一切考えてませんでした。

――純粋な創作欲求でスタートしたと。
【Ken】
 はい。それで4曲ほど書いてほっといたんですけど、昨年の夏ぐらいに“あれを形にしたいな”と思ったんです。で、マネージメントに相談したら「じゃあアルバムにすれば?」って言ってくれて。ただ、その時点では曲が足りなかったので、とりあえず手元にある4曲からレコーディングをすることにしたんです。でも、いざ録り始めたら楽しくなって(笑)、そのまま曲を作りました。

――で、レコーディングが始まった時点では、もう自分が歌うしかないって思ったでしょ?
【Ken】
 考えたらすぐわかることなんですけど、最初の4曲を録っていた時に気づいたんです。“これ・・・歌うの俺だよね”って(笑)。

レコーディングでは自主練の成果が・・・

――気づくの遅っ!(笑)。
【Ken】
 とにかくギターを弾くのが楽しくて、ギターの練習ばっかりしてたんです。だから、いざ歌うことになったらすごく緊張して。仮歌は適当に歌って形になってたのに、ちゃんと歌おうとすると声が出ないんですよ。スタッフからは“キーを下げようか”なんて声も出ましたけど、かっこよくギター、ベース、ドラムが録れてたからね。そこからは歌入れのスケジュールを延ばしてもらって、自分でずっと練習していました。

――自分で?ボイストレーニングに通えばよかったのに。
【Ken】
 それじゃ間に合わないと思って。レッスンって1日2時間くらいじゃないですか。俺はほとんど1日中歌っていました。ノドが痛むからよくないとも言われたんですけど・・・。

――そうなんだ。でも、アルバムを聴くと高音までよく出てますよね。
【Ken】
 まだまだでございます(笑)。自分の歌い方に浸れたのは9曲目の「Relax Over」ぐらいなんですよ。“あ、こういう気分で歌うもんなんだ”って。もうレコーディングの後半だったんですけどね。

――じゃあ、続きはライブで(笑)。
【Ken】
 そうですね。でも、まさかツアーまでやるとは思ってませんでした。そもそもは「Deeper」のPVを撮る時に、ギターが難しすぎて弾きながら歌えないんで、誰が弾いたらカッコいいかな・・・から始まって。じゃあ、白田(一秀)さんと中間(英明)さんにお願いしようと(いずれも日本のハードロック界の重鎮)。そのあたりからライブの話が出たんですよ。それでやっぱり楽しくなってきて。

――基本は楽しくないとね。もちろんオリジナルキーでの高音ボーカルも期待してます。
【Ken】
 ライブではキーが下がってたりして・・・がんばります(笑)。

(文:海江敦士)

RELEASE

IN PHYSICAL【初回限定盤DVD付】
Ken
2009/04/22[アルバム]
価格:\3,780(税込)
DANGER CRUE
品番:DCCL-6/7
CDを購入する(Amazon)このCDについて語ろう

IN PHYSICAL【通常盤】
Ken
2009/04/22[アルバム]
価格:\3,150(税込)
DANGER CRUE
品番:DCCL-8
CDを購入する(Amazon)

PROFILE

L'Arc〜en〜Cielのギタリストとして、1994年にビデオシングル「眠りによせて」、アルバム『Tierra』(Ki/oon Sony Records)でメジャーデビュー。35枚のシングル、11枚のオリジナルアルバムをリリース。
アジア各国でも認知の高いモンスターバンドのメンバーとして活躍。
もうひとつの顔として2002年から活動しているSONS OF ALL PUSSYSでは、ボーカル&ギターを担当。全国ライブツアー、『SUMMER SONIC 03』への出演、アジアでのライブも行い、これまでに3枚のミニアルバム、シングル、3枚のDVDをリリース。
2006年8月23日、ソロアーティスト“Ken”としてシングル「Speed」をリリース。初登場4位を記録。
2009年3月4日、2ndシングル「Deeper」をリリース。
2009年4月22日、1stアルバム『IN PHYSICAL』をリリース。

▲このページの最初に戻る