ORICON STYLE

2008年07月02日

VAMPS SPECIAL INTERVIEW

HYDE×K.A.Zのニュープロジェクトがついに始動!結成秘話から方向性までを語る!!
HYDE(L'Arc〜en〜Ciel)×K.A.Z(Oblivion Dust)のニュープロジェクト“VAMPS”が、シングル「LOVE ADDICT」でついに始動。優れたロックミュージックが持つスリリングな魅力をたっぷりと体感してほしい。

HYDEという名前でやっていくにはムリだと思った

――今回、VAMPSを新たに立ち上げた理由から教えてもらえますか?
【HYDE】 いろいろなタイミング、要素が重なっているんですけど、実は前回のアルバム(HYDEのソロアルバム『FAITH』)から、今やっているようなスタイルは出来上がっていたんですよ。ただ、これまでと同じように“HYDE”っていう名前でやるのはムリがあるかなって。海外にはマリリン・マンソンやヴァン・ヘイレンみたいに、その人の名前がバンド名っていうパターンもあるけど、日本では難しいじゃないですか。あと、自分の名前が書いてあるTシャツを着るのもイヤだし。
【K.A.Z】  「HYDEのK.A.Zです」っていうのも、おかしいしね(笑)。
【HYDE】  恋人かよ!っていう(笑)。まあ、だから、新しく名前を付けたほうがいいかなって。

HYDEのイメージ

――なるほど。VAMPSとしての最初のシングルを制作するにあたって、どんなことを考えてましたか?
【HYDE】 モトリー・クルーの「ライブワイヤー」じゃないですけど、ずっと歌っていける曲にしたいっていう気合はありましたね。何十パターンも作ったんですよ、Aメロがちょっと違うバージョンとか、サビが違うバージョンとか。
【K.A.Z】  最初にデモを渡されたときから、傾向が違うふたつのバージョンがあったんです。ヘビィロックな感じと、パンクっぽいものと。両方のいいところを上手く混ぜつつ、さらに練っていったというか。
【HYDE】  自分たちにとって新鮮な感じを探っていったんですけど、あのリフが出てきて、“これでハマった”って思って。ライブで暴れられる曲、っていう目的もあったしね。

サウンドにしても詞の部分にしても、異質でありたい

K.A.Zのイメージ ――ふたりでアイディアを交換しつつ、VAMPSとしての方向性を生み出していく。
【HYDE】 すごくラクにできるんですよ、それが。俺の曲をK.A.Zに渡すこともあるし、K.A.Zの曲に対して俺がアイディアを出すこともあるんだけど、そうすることで、ひと皮むけることが多くて。しかも、それが好きな方向にいくんですよね。

――ルーツとなる音楽が似てる、っていうのも大きいんでしょうか。
【HYDE】 年齢も近いし、聴いてきたものも確かに似ているんですけど、でも、“これがカッコいい”っていう方向性って、人によって違うじゃないですか。ラルクがいい例だと思うんですけど、みんな同年代でも、作ってる曲のタイプはぜんぜん違う。そういうおもしろさもあると思うけど、K.A.Zと一緒にやっていると「そうそう、そっちに行きたかった!」っていうことがすごく多いんですよ、曲を作っていて。
【K.A.Z】  それは僕も同じですね。HYDEの曲って、コードの感じも全体の雰囲気も、自分にとってすごく気持ちが良くて。

――ロックファンにとっても、めちゃくちゃ刺激的だと思います。これだけアグレッシブなサウンドで、しかも英語詞。こういう曲をメインストリームでやるっていうのが凄いですよね。そこは意識してますか?
【HYDE】 ・・・多少は。何ていうか、サウンドにしても詞の部分にしても、異質でありたいと思ってるんですよね。こういう曲でランキングに入ることができれば、自分たちにとってもすごく嬉しいし、記憶に残ると思うんです。そういうことをやるために作ったバンドだと思うんですよね、VAMPSは。

(文:森朋之)

RELEASE

LOVE ADDICT【CD+DVD】
VAMPS
発売日:2008/07/02[シングル] 価格:\1,500(税込)
VAMPROSE 品番:XNVP-00001/B

CD購入(Amazon)
このCDについて語ろう!

LOVE ADDICT【CDのみ】
VAMPS
発売日:2008/07/02[シングル] 価格:\1,000(税込)
VAMPROSE 品番:XNVP-00002

CD購入(Amazon)

PROFILE

HYDE(L'Arc〜en〜Ciel)、K.A.Z(Oblivion Dust)の2人組。
2003年以降のHYDEソロワークを共同プロデュースしてきた2人。
既に発表している、前人未到のZEPP 46 Daysツアー「VAMPS LIVE 2008」に先駆けてのシングル「LOVE ADDICT」を2008年7月2日にリリース。

HYDE(G&Vo)
L'Arc〜en〜Cielのヴォーカリスト。2001年10月17日のソロデビュー以降、精力的に活動を続けている。
2005年には、映画「NANA」の主題歌「GLAMOROUS SKY」を楽曲提供し、大きな話題となった。
6thシングル「COUNTDOWN」、7thシングル「SEASON'S CALL」で、初登場1位を獲得。
2006年4月、3rdアルバム「FAITH」のリリースと同時に、ソロ史上最長かつ最多公演数(全50公演)となる全国ツアー「HYDE TOUR 2006 FAITH」を敢行し、全会場SOLD OUTさせ 大成功を収めた。
また、同時期にアメリカ西海岸4箇所でライヴを敢行。日本同様チケットがSOLD OUTし、現地でも入手困難な状況になった。

K.A.Z(G)
1996年、Oblivion Dustを結成、翌年デビュー。ギター、作曲を担当。hide with Spread Beaver(ギター参加)、Spin Aqua(土屋アンナとのユニット)を経て、2003年からHYDEの楽曲を共同でプロデュースを手がける。
HYDEの3rdアルバム「FAITH」では、シングル「SEASON'S CALL」を含む5曲を作曲、全曲を共同プロデュースと強力なダッグを組む。
現在も様々な活動と平行してOblivion Dustでの活動も継続中。

関連特集