ORICON STYLE

2007年09月26日
YUKI SPECIAL INTERVIEW
ヒット曲多数!! 初のシングルコレクション・アルバムについて語る!
Play Movie
1. PV「the end of shite」 配信終了
2. PV「センチメンタルジャーニー」
配信終了
3. PV「JOY」
配信終了
4. PV「歓びの種」 配信終了
5. PV「ビスケット」
配信終了
動画はWindowsMedia Playerで御覧になれます。
 シングル「the end of shite」でYUKIがソロデビューをしてから約5年8ヶ月。これまでに発表した全シングル曲16作品を収録した初のシングルコレクション・アルバム『five-star』が10月3日にリリースされる。

つまづいたり、悩んだりもしたけれど、やっぱり私はいつも歌っていた

――YUKIさんにとって、この約5年間のソロ活動はどんな月日でしたか?

【YUKI】 ありきたりな言い方ですけど、長いようで短くて、短いようで密度の濃い月日でした。その時その時の目の前にあることを、ただただ一生懸命にベストを尽くしてやってきた日々だったなと思います。振り返ってみると3rdアルバム『joy』の制作のとき、ハッ!と気づかされることが多かったんです。私はシンガーソングライターではなくて、誰かが書いた曲でも詩でも、私自身が歌うことでYUKIが輝くんだということを、やっと自分で納得できたのが、あのアルバムの制作のときでした。そうか、私は“歌う人なんだな”って。

――『joy』以前と『joy』以降では、YUKIの歌に対するスタンスが違う?

【YUKI】 私がいちばん気持ちいいと思えるものはなんだろう、ということを、『joy』以前に探していたんだと思います。自分がいちばん自信を持てて、人に向かって歌えるものをやっていきたいという思いはずっと私のなかにあったものだけど、それがいったい何なのかを探し求めていた。何が好きなのかをずっと探していたんです。特にソロデビューをした頃は、ソロというものがどういうことなのかわからなかっただけに、心にも体にも力が入っていて、全部私がやらなくてはいけないんだと思っていたんです。だけど、やっぱりひとりでやるのは限界があるんだと身を以って知ったし、人にゆだねるということを覚えました。本当に、ソロの最初の頃は、ひとりで大海原を全力で泳いでいましたね(笑)。でも、あの1stアルバム『PRISMIC』のような作品は、あのときだからこそできたアルバムだと思います。きっとああいう極限まで頑張った作品は2度とできないだろうけれど、やっぱり愛しいですね。あの当時の自分の内面が本当によく出ているアルバムですからね。

――アルバムもシングルも、その時その時のYUKIが正直に映し出されている。
【YUKI】 決して真っすぐな道のりではなかったと思うし、つまづいたり、悩んだりもいっぱいしたけれど、やっぱり私はいつも歌っていたんですよね。いろいろなことをやりたがっている私、いろいろな世界を知りたい私・・・。全部、曲の中に入っているんです。そう思うと、私って正直ですね、自分で言うのも何ですけど(笑)。

ソロになって、本当に幸せな場所にいさせてもらっているなと思う

――ソロになってからは、本当にたくさんのクリエイター達との出逢いがありましたね。
【YUKI】 本当にそう思います。ソロになって良かったなと思うことのひとつ、大きな宝物のひとつは人との出逢いだったし、みんなでひとつの作品を作っていく楽しさも大変さも全てひっくるめて、本当に私は幸せな場所にいさせてもらっているなと思います。

――今回のアルバムの初回限定盤には、撮り下ろしの写真集が付いていますね。まるで短編映画の一場面のような写真が印象的な写真集になりました。

【YUKI】 “5つの見えないものを見るために”というサブタイトルを付けた写真集なんですけど、5人の私が見えないものを探しに行く旅が1枚1枚の写真の中でくりひろげられている写真集なんです。

――でも、その5人のYUKIは・・・。
【YUKI】 外国人のYUKIもいます(笑)。アートディレクターの狙いだと思うんですけど、登場人物5人のなかに私が入っていて、ちょっと不思議な存在になっている。今は特に“ワイ・ユー・ケー・アイ・YUKI”というものを客観的に見て遊んでいるのがとても楽しいので、この写真集で、“今のYUKI”を感じてもらえたら嬉しいです。

――おかっぱ頭の登場人物達がそれぞれキュートですよね。
【YUKI】 今のYUKIのイメージって何だろうと考えたときに、やっぱりアイコンとして“おかっぱ頭”というのがキーになっていると思ったので、登場人物は5人とも“おかっぱちゃん”なんです。

――約2年ぶりのワンマンライブ(東京・大阪)も決定しました。
【YUKI】 本当にお待たせしてしまって申し訳ない!という気持ちでいっぱいなんですけど、この2年ぶりのワンマン、しかも5周年の記念にできるライブなので、私の5才のお誕生日をみなさんとお祝いできるのがとても嬉しいです。
(文:松浦靖恵)
Release
Single Collection “five-star”
【初回生産限定盤DVD付】

YUKI
2007/10/03[アルバム]
\3,780(税込)
エピックレコードジャパン
ESCL-3013/4
CDを購入する(Amazon)
Single Collection “five-star”
【通常盤】

YUKI
2007/10/03[アルバム]
\3,059(税込)
エピックレコードジャパン
ESCL-3015
CDを購入する(Amazon)
Profile
1993年、JUDY AND MARYのボーカリストとしてデビュー。「Over Drive」「そばかす」「クラシック」など数々の大ヒット曲を生み出し、日本の音楽シーンに大きな影響を与える。
2001年、東京ドームで行われた2日間のライブを最後に、JUDY AND MARYを解散。
2002年2月6日、シングル「the end of shite」でソロ活動をスタート。
2005年2月23日、3rdアルバム『joy』をリリース。初登場1位を獲得。
同年、ソロとしては初となる全国ツアーを大成功させる。
2006年8月9日、シングル「ふがいないや」をリリース。
同年9月6日、アルバム『Wave』をリリース。
2007年5月25日、初の配信限定シングル「ビスケット」をリリース。
2007年8月8日、シングル「星屑サンセット」をリリース。
2007年10月3日、初のシングルコレクション・アルバム『Single Collection “five-star”』をリリース。
オフィシャルサイト