ORICON STYLE

2007年08月08日
Every Little Thing SPECIAL INTERVIEW
PLAY MOVIE
PLAY  
配信終了 動画はWindows MediaPlayerで御覧になれます。
コメント映像
PV「キラキラアワー」
丁寧に一つひとつのものを届けたていきたい

――ニューシングル「キラメキアワー」、これほどポップで爽快な曲って久々じゃないですか?

【持田】 わかりやすい、っていうとちょっと言葉が簡単すぎるかもしれないけれど。でも、シンプルですよね。

【伊藤】 うん、スコーンと抜ける感じがあるっていうのは久しぶりかもしれない。サウンドのイメージも爽やかだし。


――歌詞もポジティブですよね。最初のフレーズが<さぁ ゆこう ひらめきの空へ>っていう。

【持田】 歌詞はですねえ・・・ここへきてまた、再び気付けることの喜びっていうか。初期衝動にも似たような“キラメキ”っていうのは、ふだんの生活のなかにも少なからずあることだと思うんですよ。それをたくさん吸収して、(音楽として)放っていくためには、風通しをよくすることも必要だなって。


――意識を大きく開いて、新しい刺激、キラメキを吸収する。

【持田】 いろいろやることが多かったりすると、それまでの経験から何となくできてしまったり、知らず知らずのうちに“こんなもんだろうか?”って決めてしまったり。そうじゃなくて、より丁寧に一つひとつのものを届けていきたいなって気持ちもあるし。何ていうか、原因はぜんぶ自分にあると思うんですよ。楽しいことを引き寄せるのも自分だし。それがわかっていれば、より楽しみながら日常が送れるんじゃないかなって。


――表現者にとって“慣れ”って怖いことですよね。

【伊藤】 そうですね。たとえ譜面の上では同じフレーズであったとしても、“かぶらないように”じゃないけど、より良いものでないと出せないので。「キラメキアワー」に関しては、清涼感っていうのがポイントだったんですよ。レコーディングのときは“ボリューム10”で思い切り弾くんですけれど――そうしないとドライブ感が出ないので――ミキシングだったりマスタリングだったりで、清涼感を出していくっていう工夫はしています。


何かはじまるきっかけを感じる

――歌うことについても、何か新しいトライがあった?

【持田】 “10周年記念ライブ”のときに、わりと初期の楽曲なんかも歌ったりしたんですけれど、発声法だったりスタイルだったりというところで、(当時と)まったく同じようには歌えなかったんです。“いまの自分で10年前の曲を歌うには?”っていうことに向き合って、それもひとつの学びだったなって思いました。


――うん。

【持田】 そのことが活かされているかもしれないですね、今回は。ここ何年かはニュアンス、響きを中心とした歌い方があったのかもしれないけれど、「キラメキアワー」では、一つひとつの言葉をはっきりと届けることで、どこかのワードがポンと入っていくような伝わり方をしてくれたらいいなって。

――ELTの新しい魅力が感じられる曲だと思います。

【持田】 新しいかどうかはわからないけど・・・何かがはじまるきっかけっていう感じはしますね。

――なるほど。ところでおふたりは、夏らしいことって何かやっています?

【持田】 うーん・・・でも、お祭りとかは行けないですねえ。最後に行ったのは中学生くらいのときだから。そろそろ行ってみたいですけどね、花火大会とか。

――伊藤さんは?

【伊藤】 ダイビングとかやってみたいですね。海外のきれいな海とか見ると、“死ぬまでに1回は潜ってみたいな”って思ったりもするし。と言いつつ、まだやったことはないんですけど(笑)。

(文:森朋之)

RELEASE
キラメキアワー キラメキアワー
Every Little Thing

2007/08/08[シングル]
\1,050(税込)
エイベックス・トラックス
AVCD-31251

CD購入(Amazon)
着うた(R)配信
Every Little Thing Every Little Thing
10th Anniversary
Special Live
at Nippon Budokan
Every Little Thing

2007/08/08[DVD]
\5,040(税込)
エイベックス・トラックス AVBD-91473CD購入(Amazon)

NTV系『ミラクル☆シェイプ』8月エンディングテーマ
NTV系『いただきマッスル!』8月エンディングテーマ

PROFILE

持田香織(Vo)、伊藤一朗(G)の2人組。
1996年8月7日、シングル「Feel My Heart」でデビュー。
1997年4月9日、1stアルバム『everlasting』をリリース。
自身初の1位を獲得し、売り上げは200万枚を超える大ヒットを記録。
以降、『eternity』 『Many Pieces』 『Every Best Single+3』 『commonplace』で1位を獲得。
1997年12月31日、TBS系『第39回輝く!日本レコード大賞』で、優秀作品賞を受賞 (受賞曲「Dear My Friend」)。
1998年2月11日、シングル「Time goes by」をリリース。シングルで初のミリオンセールスを記録。
1998年12月31日、TBS系『第40回輝く!日本レコード大賞』で、ベストアルバム賞を受賞
(受賞作品は『Time to Destination』)。
2006年6月14日、シングル「ハイファイ メッセージ」をリリース。
2006年8月9日、アルバム『Crispy Park』をリリース。
2006年8月30日、シングル「スイミー」をリリース。今年で、デビュー10周年を迎える。
2007年2月14日、アルバム『14 message〜every ballad songs 2〜』をリリース。
2007年8月8日、シングル「キラメキアワー」とDVD『Every Little Thing 10th Anniversary Special』
Live at Nippon Budokan
を同時リリース。

オフィシャルサイト

【過去の特集】

■シングル「キラメキアワー」インタビュー
  『深みと温かみのあるバラードベストについて語る!』(2007/02/14)

■アルバム『Crispy Park』インタビュー
  『ポップでわかりやすいELTらしい最高のアルバム!』(2006/08/09)

■アルバム『Crispy Park』インタビュー
  『デビュー10周年記念!PV先行フル視聴!!』(2006/06/07)