ORICON STYLE

2007年02月21日
UVERworld SPECIAL INTERVIEW
想いが詰まったストイックかつ奔放なロックアルバム!!
PLAY MOVIE
1. コメント映像 PLAY
2. PV「Colors of the Heart」 配信終了
3. PV「君の好きなうた」 配信終了
4. PV「SHAMROCK」 配信終了
5. PV「ゼロの答」 配信終了

動画はWindowsMedia Playerで御覧になれます。

 ヒットシングル「Colors of the Heart」「SHAMROCK」「君の好きなうた」を含む2ndアルバムが到着。『BUGRIGHT』とタイトルされた本作は、自らの感性をどこまでも信じ、真剣に生きることの大切さがまっすぐに伝わる、ストイックかつ奔放なロックアルバムとなった。 終わりがあるからこそ、がんばれることもたくさんある

――1曲目の「ゼロの答」から、“生きる”ことへの強いメッセージが伝わる。そんなアルバムですよね。
【TAKUYA∞】 死んだらどうなるだろう、っていう濃いことを歌っています。“死ぬ=ゼロ”って、そこから僕なりの答えを導いているんです。“終わりがあるからこそ、がんばれる”っていう。

――なるほど。
【TAKUYA∞】 死ぬのは確かに怖いですけど、ずっと死なないってわかっていたら、何事もやれないと思うんです。終わりがあるってわかっているからこそ、がんばれることもたくさんあるんじゃないかなって。

――その考え方って、表裏一体じゃないですか?「どうせいなくなっちゃうんだから、どうでもいいじゃん」って・・・。
【信人】 ありますよね、そういうこと。死んだら、みんな同じじゃん!っていう。
【克哉】 でも、俺は逆に、その考え方でタバコをやめたんです。タバコによって自分の寿命が縮んでしまったら、もったいないなって・・・。今がすごく楽しいので。

――時間が限られているのがわかってるからこそ、今を大事にしなくちゃいけない。たとえ今日、命がなくなったとしても後悔しないように。
【TAKUYA∞】 そんなことになったら、いろんなヤツを悲しませるし、迷惑をかけることにもなるから、絶対にあってはいけないんですけど。ただ、何かの間違いでそうなったとしても、後悔のないように生きなあかんな、とは思っています。

――ストイックですね。
【TAKUYA∞】 はい、ストイックは嫌いじゃないです。ストイックに自分の好きなことに向かい合っている人も好きだし。メンバーのなかでは、彰はストイックだなって思いますね。
【彰】 あぁ・・・。でも、好きだから、そういうふうになれるんでしょうね。

カッコいいと思えるものをやっているだけ

――UVERworldというバンド自体、ストイックな音楽が好きですよね。「シャルマンノウラ」のようなブラックミュージック・テイストの曲もあり、音楽性も大きく広がっているし。
【信人】 普通に聴いていますからね、そういう音楽も。ジャンルにこだわらず、何でもやれる人間ばっかりですから。
【克哉】 幅を広げるっていう意識はないんです。「シャルマンノウラ」にしても、ただ気持ちのいいもの、カッコいいと思えるものをやっているだけだから。

――でも、やりたいことをやるためには、テクニックやセンスを磨く必要もありますよね?
【真太郎】 そうですね。ただ、音楽にはすべて、文化や歴史があるじゃないですか。それを学ぶことで、“こういうことなのかな”ってつかめるような気がするんです。
【TAKUYA∞】 曲を作っているときは“バンドでやったら、どうなるか”っていうことは考えてないんですよ。でも、バンドでやってみて、悪くなった試しはないんです。必ずカッコよくなるので。

――その確信があれば、どんなサウンドにもトライできますね。「BUGRIGHT」というタイトルの由来は?
【TAKUYA∞】 “BUG”って、間違っているっていう意味なんです。でも、一般的には非常識と考えられていることでも、それが新しいもの、かっこいいものにつながることもあると思っていて。
【克哉】 理論を知っているからといって、みんなが感動できるような音楽を作れるとは限らない。そういうことをちゃんとわかっているんですよね、この5人は。(文:森朋之)

ReleasePresent

BUGRIGHT【初回生産限定盤】
UVERworld
2007/02/21[アルバム]
\3,500(税込)
ソニーレコード
SRCL-6462/3
CDを購入する

BUGRIGHT【通常盤】
UVERworld
2007/02/21[アルバム]
\3,059(税込)
ソニーレコード
SRCL-6464
CDを購入する

UVERworldのサイン入りポラを抽選で1名様にプレゼント!!
多数のご応募、ありがとうございました。プレゼントの当選は、発送をもって換えさせて頂きます。
その他、開催中のプレゼントはコチラ

Profile

TAKUYA∞(Vo)、克哉(G)、彰(G)、信人(B)、真太郎(Dr)の5人組。
2002年6月に結成。
バンド名の由来は、“自分達の世界をも越える”と言う意味を持つ。
疾走感溢れるロックなアプローチから、心地よいクラブミュージックのアプローチまで、オリジナル度が高い次世代のサウンドを紡ぎだす。
2005年7月6日、シングル「D-tecnoLife」でデビュー。4位を獲得し、3週連続TOP10入りを果たす。
2005年10月26日、シングル「CHANCE!」をリリース。5位を獲得。
2006年1月25日、シングル「just Melody」をリリース。
2006年2月15日、アルバム『Timeless』をリリース。初登場5位を獲得。
2006年5月17日、シングル「Colors of the Heart」をリリース。初登場3位を獲得。
2006年8月2日、シングル「SHAMROCK」をリリース。
2006年11月15日、シングル「君の好きなうた」をリリース。
2007年2月21日、アルバム『BUGRIGHT』をリリース。 オフィシャルサイト

【過去の特集】
■シングル「君の好きなうた」インタビュー
 『聴いたすべての人が共感できる初のバラードソング!!』(2006/11/15)
■シングル「SHAMROCK」インタビュー
 『デビュー1周年を迎えた今と音楽への想いを熱く語る!!』(2006/08/02)
■シングル「Colors of the Heart」インタビュー
 『新曲は話題のTVアニメソング!!』(2006/05/17)
■アルバム『Timeless』インタビュー
 『賞味期限がないアルバム!』(2006/02/15)
■シングル「CHANCE!」インタビュー
 『ジャンルに拘らず、音楽っていう枠で楽しむ』(2005/10/26)