ORICON STYLE

2007年02月07日
Fantastic Plastic Machine SPECIAL INTERVIEW
Fantastic Plastic Machine SPECIAL INTERVIEW
BONNIE PINK、VERBAL(m-flo)、SU(RIP SLYME)ほか超豪華アーティストが参加した究極のベストアルバム!!
PLAY MOVIE
1. コメント映像 PLAY

動画はWindowsMedia Playerで御覧になれます。

 FPM初となるベストアルバム『FPMB』を満を持して発表。BONNIE PINK、VERBAL(m-flo)、SU(RIP SLYME)ほか、豪華アーティストをフィーチャリングした内容は、至福のひと時を味合わせてくれます。
ダンスミュージックは、時代と添い寝するのが宿命の音楽
――思春期という季節の刹那感がまっすぐ伝わるアルバムだな、と。
【田中】 感じとしては2年前ぐらいで。結局、そこから休んだり振り返ったりしてないんですよね。それで、初めてこの6年間を振り返るつもりでベスト盤を今回作りました。

――今、振り返ると、レコード会社を移籍し、『beautiful.』をリリースした2001年前後が大きなターニングポイントだったような。
【田中】 確かに、移籍前がFPMの第1期、その後を第2期だと思っていて。第2期では、作品を生み出す喜びと共に産みの苦しみも背負ってきた感じがするんです。

――今回のベストアルバムに収録の6年前の曲が全く古く感じないんですよ。
【田中】 ありがとうございます。ダンスミュージックって、時代と添い寝するのが宿命の音楽なんですけど、ギャップがないとしたら、これはひとつの成果ではないかな?と思いますね。

――『beautiful.』以降、毎作あえて一見同じ質感に揃えていますけど、当然、作っていて、ハードルは高くなってると思うんですが。
【田中】 本当にハードル高いと思いますし、そのハードルを越えていこうと努力してきたのは事実です。FPMを名乗る以上は、本当に懐石料理を作ってるような感じなんです。素材を吟味して、出汁の取り方、盛り付け、全ての事を究極まで突き詰めてやっている。悩んだり迷ったりしながらも、やりたい事はとにかくいっぱいあって、それをどの順番で楽しんでいこうか?という感じなんです。
6年経っても違和感なく聴けるのは、自分の中で大きかった
――パッケージが初回盤じゃなくて、永続的に特殊仕様ですね。その発想も含めて、FPMだからこそできたんじゃないか?って感じました。
【田中】 今、マテリアル(素材)としてのCDを手に取ってレジまで持っていってもらう事がいかに大変か?と思うんですよね。そこで、いつ手に取っても喜んでもらえるベストなパッケージを永続的に保てるのはとてもありがたいと思います。

――6年前の曲も今の曲も違和感なく聴ける。そういった意味で、ダンスミュージックだけど永続性がある奇跡が実現した、とも言いたいです。
【田中】 ありがとうございます。普遍性のある音楽って、普遍性のある音色を使ったりアレンジをしてるわけじゃないんですよね。よく聴けば、時代感というのは随所に表れているんですよ。それを越える何かがあるか?って事で、『beautiful.』をリリースしたときには、6年後がどうなっているかなんてわからなかった。古くなってるかもしれない危険性を孕んだ状態で。でも「古くならないでいてくれたらいいなぁ」という希望的観測はあったのですが、6年経って「あぁ、大丈夫」っていうことを思えたのは、自分の中で大きかったです。参加してくれたアーティストとかスタッフの方が、FPMらしさを大切にしてくれた気がします。
(文:山崎二郎[バァフアウト!編集長])
ReleaseProfile

FPMB
Fantastic Plastic Machine
2007/02/07[アルバム]
3,300(税込)
エイベックス・トラックス
AVCD-23155/6
CDを購入する
アーティスト、プロデューサー、コンポーザー、アレンジャー、リミキサーそしてDJとして国内はもとより、ワールドワイドな活動を展開する田中知之のソロプロジェクト。現在はセレクトショップのスーパーバイザー、アートショップのプロデュース、アートコンペティション『GEISAI』の審査員を務めるなど、音楽以外の分野でも活躍。
1997年8月30日、シングル「L'aventure Fantastique」をリリース。
1997年10月10日、アルバム『the Fantastic Plastic Machine』をリリース。
2001年1月17日、アルバム『beautiful.』をリリース。
2002年11月27日、シングル「Why Not?」をリリース。
2003年2月26日、アルバム『too』をリリース。
2004年1月15日、アルバム『Sound Concierge #401 “Do Not Disturb"』『Sound Concierge #402 “Four Kicks Adventure"』をリリース。
2005年8月31日、アルバム『Sound Concierge #502“Tell Me"FOR YOUR DELIGHTFUL MOMENT』をリリース。
2006年2月22日、アルバム『imaginations』をリリース。
2007年2月7日、アルバム『FPMB』をリリース。
オフィシャルサイト