ORICON STYLE

2010年05月26日
ベッキー・クルーエル in ワイルドガール
新曲ダンス撮影に独占密着 普段とは全く違う制服姿を披露!!
日本デビュー後、幅広くエンタメシーンで活躍中のベッキー・クルーエルが、イギリスの学園ラブコメディ映画『ワイルドガール』の日本でのDVD応援隊長を務めることになった!このプロモーション映像では、キュートな制服姿で今夏リリース予定の自身の新曲ダンスを初披露!そんな撮影現場に独占密着!!

 『ワイルドガール』はエマ・ロバーツ演じるハリウッドのセレブ娘が、イギリスの全寮制名門スクールに転校させられるストーリー。そのおカタい学校の制服ふう衣裳を、イマドキっぽくオシャレに着くずしたベッキー。夏に発売される自身の新曲に合わせて踊る、『ワイルドガール』プロモーション映像の撮影に臨んだ。

 まず全身が入るカットをシュート。動画サイトで大人気を博したそのダンスは、相変わらずリズミカルでキュート。ベッキーが笑顔で踊り出すとキラキラしたものが弾け飛ぶようで、撮影はNGもなくサクサク進む。

 続いて、斜め上からふかんのアップ。高い位置にセットされたカメラに、飛び上がって顔を近づけてみるベッキー。元気いっぱいだ。スタッフから「前後に動いて」と指示を受け、音楽が流れて本番。体を揺らして動きながら腕を大きく回し、カメラに向かってジャンプも。最後は右手を天に突き出すポーズをキメて、「はいOKです」と声ががかる。またもや一発で撮り終えてしまった。

 その後、背景をバラ模様の壁に変えて、再びふかん撮影。カメラに手のひらを差し出したり、首を伸ばして顔を近付けたリップシンクも加えながら踊って、今度も一発でOKに。自分のダンス動画をネットに上げ続けているだけに、今さらながらダンスのカンがよ過ぎ!

 次のカットに行く前にセットチェンジ。待っている間のベッキーは飲み物片手に、同行したお母さんのカメラに収まったり、スタッフと談笑。そして、チョコレートをパクリ。合間ごとにほぼ毎回チョコをつまんでいたが、スタッフによれば「ダンスで動くからか全然太らないんです」とのこと。

 最後はダンスシーンに短く挿入されるカットの撮影。『ワイルドガール』の劇中に出てくるラクロスのラケットを持ったベッキーが、5つ並んだイスにそれぞれ腰掛けながら、いろいろなポーズを取るというもの。ラケットの網を頭にかぶせて「How do I look?」とおどけて、立って座って脚を組んだり、ラケットを高く掲げたり前に差し出したり。

 次にラケットを映画の看板に持ち替えて、同じように。今度は両手で看板を頭上に差し上げたり、斜めに抱えたり、胸に持ったままイスから離れてカメラのすぐ前に出てみたりと、工夫を凝らす。「はい、終わりです」との声に「Really?」とニッコリするベッキーへ、スタッフたちから拍手が起こった。スタートから1時間弱。最後まで実にスムーズに進んだ撮影は、あっという間に終了した。

(文:斉藤貴志)

ダンス収録に密着レポート インタビュー「制服カワイイでしょ?」

ベッキー・クルーエル
1995年6月5日生まれ。英マン島出身。
日本のアニメや音楽を愛する英国人少女。「Beckii」「xBextahx」というハンドルネームで動画サイトに自分のダンスをアップし、大ブレイクした。インターネットから世界に情報発信する次世代型アイドル。
2009年12月9日、DVD『ディス イズ ベッキー クルーエル』をリリース。
2010年2月10日、シングル「翼をください」をリリース。

ARTIST PAGE COMMUNITY OFFICIAL SITE

ストーリー:
LAで暮らす少女ポピーは、オシャレ大好きな16才。遊び仲間たちと気ままな毎日を過ごす彼女だが、母親の死後、父が若い恋人を作ることだけは許せなかった。父の恋人への嫌がらせは度を越したイタズラとなり、今まで我慢してきた父もついに癇癪を爆発させてしまう。そしてポピーを、イギリスのおカタい名門寄宿学校に転校させてしまうのだった。

そこで彼女を待っていたのは、ダサイい制服に厳格な教師たち、さらには学園を牛耳る意地の悪い生徒会長ハリエットだった。LAでの華やかな生活から一転、最悪の状況に落ち込むポピーに、ルームメイトのケイトは「ここから抜け出すには、思いきり悪さをして退学処分になるしかない」と助言する。
新しい仲間たちの協力を得て、ポピーの派手なイタズラ大作戦が始まるが、そこには意外な展開が待っていた……。

監督:ニック・ムーア
出演:エマ・ロバーツ アレックス・ペティファー ジョージア・キング リンゼイ・コッカー
キンバリー・ニクソン ほか
2010年6月2日(水)レンタルDVDリリース

■ベッキー・クルーエル インタビュー
 『独占密着!!日本デビューイベント&舞台裏の10時間』(2010/02/24)

▲このページのTOPに戻る