人気アナのホンネに迫る! アナ☆スタイル  Vol.10 田中みな実 Special Interview
田中みな実のブリッ子は“素”か“キャラ”か!?
太田さんの毒舌も『サンジャポ』で免疫がつきました
田中みな実

田中みな実

――21日からスタートする爆笑問題さん司会『爆報!THE フライデー』の第1回収録がたった今終わりましたが、如何でしたか? 収録中には涙を見せる場面もありましたが。
【田中みな実 お恥ずかしいです(笑)。カメラの前でこんなに泣いたのは初めてというくらい号泣しました。ただのバラエティではなく、有名人の方に密着して、その方の人生や生活を見て、共感したり、実はこんな人だったという意外な面を引き出せればいいなと思います!

――初回はMCとしても出演される田原俊彦さんの軌跡を紹介しましたが、かなり衝撃的な展開でしたね。
【田中】 マスコミに身を置く人間としては、“報道のあり方”について考えさせられました。報道って、時に人を傷つける事もあるし、逆に英雄を作り上げることも可能なんです。テレビって色々な伝え方が出来てしまうという事を改めて実感しました。

――司会の爆笑問題さんとは『サンデー・ジャポン』などで共演済みですが、お2人との絡みは?
【田中】 お2人とお仕事させて頂くのは、本当に嬉しいです! ただ、お2人だけで十分進行が出来てしまうので、そこに私がいる“意味”を考えていかなくてはいけないですね(笑)。いてもいなくても同じならアシスタントの意味がないので。太田さんは絶妙なボケが出来ますし、田中さんはツッコミはもちろん、進行も抜群にお上手。そこに今回は田原(俊彦)さんも加わり“Wボケ”という形になるということで(笑)。アシスタントとしての立ち位置をしっかり確立するのは並大抵の事ではないですね。

――確かに(笑)。あと、太田さんの毒舌にやられてしまう場面もあると思うんですけど。
【田中】 それは『サンジャポ』で免疫がつきましたから大丈夫です(笑)。最初は「何で、この人はこんなに悪口を言うんだろう…」ってビックリしましたけど、もう慣れました。大分強くなったと思います!

――今までどんな“口撃”を受けてきました?
【田中】 そうですね……。『サンジャポ』は主にロケが多いんですけど、たまにスタジオに行くと「青木(裕子)と代わろうとしてるのか?」とか言われたり、「2人はホントに仲が悪い」とか皆さんに吹き込んだり…。

――(笑)。でも、本当はシャイで優しい一面もありそうですよね?
【田中】 そうなんです! 今日の収録でも本番直前に「今日は楽しくね!」って、何気ない会話の中に優しい言葉を入れてくれたり。

――やっぱり、実は良い人なんですね(笑)。爆笑のお2人以外でも、大御所のタレントさんたちと幾度も絡んでますよね? 先日放送された、明石家さんまさん司会の『ホントの恋のカマ騒ぎ』でもゲストのマツコデラックスさんから足を引っ掛けられたり泣かされたりと見事なカラミを披露していましたね。
【田中】 マツコさんはトークが凄く上手なので、勉強になります。ラジオ番組とかも聴かせてもらっていて、参考にさせてもらっているんです。ボキャブラリーも豊富で言葉に力を持たせるのが凄い! マツコさんにイジられたことで私も助かっている部分がありますね。

――田中さんにキツく当たるのも、きっと絡みやすいからなんでしょうね。
【田中】 だと良いのですけど(笑)。

――テレビを観ていると、大御所と絡んでいても全く物怖じしないというか。
【田中】 そうですね。あまり緊張するタイプではないと思います。これまでに爆笑問題さんやマツコさんはもちろん、明石家さんまさんなど大御所の方とお仕事をさせて頂いても、緊張というより「こんな凄い方の横に立たせてもらえるんだ!」という嬉しさの方が今回は強いです。今後、こんな機会はないかもしれないから、とりあえず楽しもうって(笑)。

次のページへ 【ブリッ子の真意は…】


『爆報! THE フライデー』

有名人の知られざる一面や実家&家族を徹底紹介!

「実は実家が変な商売していた!」「両親のキャラが濃すぎる!」「妹がめちゃくちゃ美人!」など有名人の実家や親にまつわる面白すぎる情報や伝説をメインに、有名人の知られざるスゴイ一面やプライベートの“爆報ネタ”をニュース形式で紹介。初回は田原俊彦の壮絶な芸能人生を振り返る!
(10月21日スタート 毎週金曜 後7:00 TBS系)

【MC】
爆笑問題(太田 光、田中裕二)、田原俊彦
アシスタント:田中みな実

『爆報! THE フライデー』公式HP


PROFILE

田中みな実

PROFILE詳細 COMMUNITY OFFICIAL SITE
BACK NUMBER

Vol.20 松尾由美子、島本真衣、久冨慶子
 『仲良し“やじテレ3姉妹”がぶっちゃけトーク!?』(2013年08月16日)

Vol.19 本仮屋リイナ
 『“女優業”発言の真相を激白!』(2013年08月09日)

Vol.18 神谷文乃
 『岡山発 “地域密着型”女子アナ登場!!』(2013年04月17日)

Vol.17 繁田美貴
 『仕事が嫌だと思ったことは一度もありません』(2012年09月26日)

Vol.16 須黒清華
 『自分からも発信できるアナウンサーに』-(2012年09月19日)

Vol.15 松丸友紀×松本秀樹
 『映画化されるなんて、つくづくまさお君はすごい』(2012年06月20日)

Vol.14 秋元玲奈
 『アナウンサーになって性格が変わった新たな自分とたくさん出会っています』(2012年06月06日)

Vol.13 植田萌子&紺野あさ美
 『2年目のもえ×こん 苦楽をともにして深まる絆』(2012年05月23日)

Vol.12 竹内由恵
 『“Mステ”と共に歩んだ4年間』(2012年05月16日)

Vol.11 松丸友紀
 『一人っ子なので、弟妹のような感覚で愛犬と接しています』(2012年05月09日)

Vol.10 田中みな実
 『田中みな実のブリッ子は“素”か“キャラ”か!?』(2011年10月20日)

Vol.9 細貝沙羅&山崎夕貴
 『フジ人気女子アナ 魅惑のウェアで初体験!?』(2011年09月21日)

Vol.8 古谷有美&吉田明世
 『古谷有美アナ&吉田明世アナ TBS期待の新人女子アナが初登場!』(2011年07月06日)

特別編 Early Morning
 『Early Morning 新生アリモニ、働く女性の気持ちを歌う!』(2011年06月29日)

Vol.7 宇賀なつみ
 『宇賀なつみ 人気お天気アナ、来世は男性で決定!?』(2011年02月24日)

Vol.6 細貝沙羅
 『細貝沙羅 生真面目だけど、実はかなりの天然です!?』(2010年12月08日)

Vol.5 加藤真輝子
 『加藤真輝子 テレ朝次期エースアナは外見とは裏腹に“酒豪”です!』(2010年11月24日)

Vol.4 加藤綾子
 『加藤綾子 カトパン、アヤパン退社に思わず号泣!』(2010年11月17日)

Vol.3 枡田絵理奈
 『枡田絵理奈 スポーツ中継にかける熱い思い』(2010年11月02日)

Vol.2 大木優紀
 『大木優紀 『やじマル』メインMCに抜擢! “大木ちゃん”から“大木アナ”へ』(2010年10月27日)

Vol.1 生野陽子
 『偉大な先輩アナから受け継いだ“女子アナ魂”と“生野らしさ”』(2010年09月29日)

▲このページの最初に戻る