ORICON STYLE

2009年09月17日

フォトギャラリー

初めての崔監督の“厳しい”現場へ

――崔洋一監督の撮影現場は厳しいと聞きますが、初めて入った感想は?
【松山】 日本のほとんどの俳優さんが崔監督の作品に参加したいと思っていると思うんですけど、僕もそのなかのひとりです。崔監督とお仕事をできることは、自分にとっての大きなチャンスでもありますし、それだけでもぜひこの作品に出演したいと思いました。もちろん、崔監督と脚本の宮藤官九郎さんというコンビにも興味を惹かれましたし。周りのひとからは、崔監督は、すごく厳しい、怖い監督という噂は聞いていましたけど、僕はそういうのはあまり考えていなくて・・・。それよりも楽しみでしたね。実際に現場に入ってみて思ったことは、確かに厳しくはありますけど、作品に対する気持ち、映画作り全体に対する思いがすごく強くて、これ以上ないというくらいの愛をもって取り組んでいるということです。それに、最後の最後で助けてくれるのは崔監督だということが、撮影が進むうちによくわかりました。突き放すという厳しさではなくて、いいものを作るために、いい緊張感でやるための厳しさがありました。

――最後に助けてくれるとは?
【松山】 芝居の方向性がわからなくなったときには、一から丁寧に教えてくれます。心を許していた一家が死に絶えるシーンで、カムイがどれほどこの家族を信じていて、その死に対してどれほどの悲しみや怒りを覚えているのか、また、カムイ自身への猜疑心がどれほど薄まっていたのかがよくわからなくなってしまって、崔監督に打ち明けました。それに対して、すごく丁寧に演出していただき、納得のいく説明がありました。そのときに、パワーをぶつけられる、愛がある監督さんだと思いました。普段の撮影は、1シーンごとに細かい指示をするのではなく、まず僕の芝居をみて、修正があるときはして、という撮り方でした。僕がしっかりと理解している部分や、やりたいことがあるシーンでは、黙ってみていてくれます。

――初めての本格的なアクションシーンへの挑戦ですね。カラダが硬いそうですが・・・。
【松山】 カラダの硬さはもともとですけど、見せ方の部分が芝居なので、とくにそれでの問題はなかったですね(笑)。一番難しかったのは、カムイというキャラクターのたたずまいというか、走り方や、剣のさばき方。侍ではないので、所作はないですし、すごく独特なものでした。そういう部分を作っていく作業に長い時間をかけました。1年くらいアクションや殺陣の訓練を行い、そのなかでカムイの動きを習得していきました。今回は、準備の時間をしっかりとらせていただきましたので、自信をもって現場に入ることができました。いいパフォーマンスができたと思っています。

ケガでの撮影中断から気付いたこと

――松山さんのケガで撮影が中断されたこともありました。
【松山】 それまで撮影でケガをしたことがなくて、「ケガなんて」って調子に乗っていた部分もあったと思います。「自分もケガをするんだ」という驚きもありました。それは、自分自身を理解していなかったということなので、そういう意味での自分の限界がわかりましたし、すごく大事なことだったなと感じています。

――撮影の再開には、新たな気持ちで臨んだ?
【松山】 そうですね。力が入って頭が熱くなったままで入っていくと、それが結局ケガにつながったりしますので。冷静に入ろうと意識していました。

――そんな撮影のなかで、もっとも苦労したことは?
【松山】 カムイがもっている寂しさや猜疑心を常に自分の中に捉えていて、それは離してはいけないものだったので、それが苦しかった部分ではありますね。現場では、キャスト、スタッフともにみんなどんどん仲間意識が芽生えて、絆も強くなっていくなかで、お芝居ではそういう雰囲気を一切排除したデリケートな部分を表現しなければいけないというのは、けっこう自分のなかではヘビーでしたね。もちろん、オンとオフの切り替えはありますけど、ただやっぱりカムイはキャラクターとしては重いんですよね。

――カムイはどんな境遇に陥っても、生きるエネルギーを持ち続けています。そういう強さに共感する部分は?
【松山】 共感するには、僕はまだまだ平和ボケし過ぎているかもしれません。カムイには、ただただすごいなって思うしかないですね。でも、必死に生きるという気持ちは、いまの時代でも必要なものとも思います。社会のなかで自分がどういうふうに生きているかを認識できないまま生活しているひとたちがたくさんいると思うし、僕もそういうところがあります。自分自身の存在をしっかりと芯としてもっているのがカムイなんですけど、そういうひとには憧れますね。強い弱いではなくて、自分のなかにしっかりと自分自身だけのスペースがある気がして。それはいまの僕にも必要なことだと思っています。

テニス、武道、楽器……、芸を身に付けたい!

――松山さんのクランク・アップでは、リハーサルも行われたほどの盛大なセレモニーがあったそうですね。
【松山】 自分のケガで撮影が中断してしまったり、再開してからもコンディションが悪くてストップしてしまうこともありました。そういう迷惑をかけてしまったという思いと、その1年は『カムイ外伝』を無事に撮りきることを目標にして、自分なりに決意を込めて打ち込んでいたので、それが終わって、ひと安心して・・・。ちょっと熱くこみ上げてくるものがありました(笑)。

――松山さんが普段、幸せを感じる瞬間とは?
【松山】 いつも感じていますね。幸せって、自分が感謝できる気持ちだと思うんですけど、考えてみたら、感謝することってすごくたくさんあって。本でも読んだんですけど、自分の生きているなかで必要ないろいろなものは、全部ひとから与えられたもの、ひとの力を借りているもので、すべてに感謝ができると思うんです。そういう感謝をしていると幸せな気分になりますね。

――それは仕事のうえでもいつも思っている?
【松山】 心がけています。ときには遅刻しちゃったりしますけど(笑)。僕は完全な人間ではないですけど、その気持ちは忘れないでいようと意識して仕事をしています。

――仕事が辛くて辞めてしまいたくなったりする?
【松山】 ならないですね。もちろん辛くいこともありますけど、自分が楽しいからやっていますし。本当に辛かったら、僕はそういうのを我慢できるタイプではないので辞めているかもしれませんけど(笑)。ただ、いまは楽しみながら充実してやらせてもらっていますので、すごく幸せですね。

――プライベートでいまハマっていることはありますか?
【松山】 芸を身に付けようと思っています。知識でもいいんですけど、なにかを学んで身に付けたいと思って、いまいろいろと試しています。生き抜くためにはそういうことも必要なのかなって思って、やっている部分もありますけど(笑)。俳優というお仕事を自分自身のカラダひとつで、ただただやっているというのは、どこかでおもしろくなくなってくると思うし、いろいろな材料が欲しいなと。(具体的には?)まずテニスをいまやっているんですけど、アクションの動きでも使えるか試してみたり・・・。あと、日本古来の武道やアイススケート、楽器など、これから始めようと思っていることもたくさんあります。気の向くままですけど、いろいろ興味はありますね(笑)。
(写真:逢坂 聡)
PROFILE
松山ケンイチ
1985年3月5日生まれ。青森県出身。
2001年、HORIPRO×Boon×PARCOの共同企画「New Style Audition」でグランプリ受賞。 2003年、『アカルイミライ』で映画デビュー。『男たちの大和/YAMATO』(2005年)で日本アカデミー賞新人俳優賞、『DEATH NOTE 前編』で優秀助演男優賞など数々の映画賞を受賞。『DEATH NOTE 前・後編』(2006年)のL役で大ブレイクする。その後、『L change the WorLd』 『人のセックスを笑うな』 『デトロイト・メタル・シティ』(2008年)など多くの話題作に主演。 2009年は、『カムイ外伝』 『ウルトラミラクルラブストーリー』 テレビドラマ『銭ゲバ』(日本テレビ系)などに主演する。今後は『ナクシタキオク(仮)』(ハンス・カノーザ監督)『ノルウェイの森』(トラン・アン・ユン監督)などの公開が控えている。
【ストーリー】
強靭な意志を持ち、剣の達人である忍者、カムイ(松山ケンイチ)は、理不尽な殺戮もいとわない、掟に縛られた世界に嫌気がさし、真の自由を求め、忍の世界を抜け出す。しかしそれは裏切り者として、追っ手と戦う運命を背負うことでもあった。かつての仲間、大頭(イーキン・チェン)やミクモ(芦名星)らに執拗に追われながらも、生きるための逃亡の旅は続いた。
監督:崔洋一 脚本:宮藤官九郎 出演:松山ケンイチ 小雪 伊藤英明 大後寿々花 イーキン・チェン
2009年9月19日(土)ロードショー
(C)2009 「カムイ外伝」製作委員会(C)白土三平/赤目プロ・小学館ビッグコミック
 

▲このページの最初に戻る