林原めぐみ「変な消費をされてしまう…」“歌う声優”への危惧、音楽活動30周年の意義

『エヴァンゲリオン』綾波レイや『名探偵コナン』灰原哀など、数々の名作キャラで知られる林原めぐみ。声優として第一線を走り続けているだけでなく、ラジオパーソナリティや作詞家、エッセイストとしての顔も持ち、マルチな活躍の中でもアーティスト活動は今年で30周年を迎えた。今や「歌う声優」は珍しくなくなったが、本人名義でのリリースをコンスタントに積み上げてきた上に、好セールスという結果を残してきた功績は大きい。自身の30年の足跡をどのように俯瞰しているのか話を聞いた。

声優が歌うなんて“ありえない”時代、デビューは消極的だった!?

――林原さんはもともと歌手活動に積極的ではなかったそうですね。

林原めぐみ私が声優デビューした80年代後期というのは、「どうやら声優というのは歌えるらしい」みたいな認識が業界に芽生え始めた時代でした。もちろん私以前にも音楽活動をされてきた声優の先輩方はたくさんいらっしゃいましたけど、現代の“声優アーティスト”とはずいぶんと違う風潮で…。
 ただ私は歌手志望ではなく、本来、キャラクターの声を担うことだけにまい進したかったんですね。ところがそんな時代の竜巻に巻き込まれるように矢継ぎ早に歌の仕事が舞い込むようになり、「このままでは変な消費のされ方をしてしまう」と逃げ込んだのがキングレコードさんだったんです。

──キングレコードは現代の声優アーティストシーンに大きく貢献したレコード会社ですが、林原さんは声優として本人名義で専属契約をした第1号アーティストでした。

林原めぐみ当時はキャラクターソングの黎明期でもあって、役や作品を掘り下げる上でキャラクターソングに取り組むのは、とても意義深いことでした。その流れの先で『シャーマンキング』や『スレイヤーズ』という素晴らしい作品に出会えたことは、歌う声優という私を色濃くしたと思います。キングレコードさんは(本人名義ではない)キャラクターソングであれば、他社さんからリリースしてもOKという懐の深い独自ルールを作ってくださって。声優としての私をずっと尊重してくださったからこそ、歌と向き合えていたんだと思います。

──アニメ主題歌やキャラソンのほかに本人名義の楽曲も30年にわたってコンスタンスにリリースされてきたのは、どんな思いからだったのでしょうか?

林原めぐみラジオ『林原めぐみのTokyo Boogie Night』(1992年4月〜/TBSラジオほか)で、たくさんのお便りを受け取ってきたことが大きいですね。リスナーには親や友だちにも言えない気持ちを明かしてくれる方も多くて、私も30分では応えきれなかったなと思う瞬間が今でもあります。音楽はそんな思いを、ひとつの形にしてお返しする手段でもありました。この曲を繰り返し聴くことであの子が、あの人が元気になったらいいな、などですね。

「ファンとともに歩んでいける」音楽活動を続ける価値

──当初は消極的だった歌手活動ですが、続けていく中で仕事観は変わりましたか?

林原めぐみそうですね。30歳のときに作った「Thirty」という曲は今でも愛聴してくださっている方が多いんですが、最近になって「初めて聴いた中学生の頃はわからなかったけれど、今になって歌詞の意味がとても沁みます」と、この曲と一緒に20数年の時間を歩んでいる人がいて。音楽活動を続ける価値ってこういうことだったんだなと改めて実感した出来事でした。

──30周年のタイミングでこれまでの楽曲がサブスク解禁。CDプレイヤーを持たない世代は喜んでいるのではないでしょうか。

林原めぐみわりと私のラジオリスナーはCD派の方も多いんですけど、若い子は「昔の歌が聴けてうれしい」と言ってくれてます。最近になっても10代の子から「林原さんって(『名探偵コナン』の)灰原哀なんですか?」とか「(『ポケットモンスター』の)ムサシなんですか?」というリアクションがあったりするので、キャラクターとの関わりを改めてありがたいと思いますね。

──オリコンとしては、林原さんは声優シーンで早い段階から楽曲がTOP10入りしたアーティストでもあります。

林原めぐみそうみたいなんですよね。歌う声優は昔からたくさんいたのに、まるで私が先駆者のように言われるのは「オリコンにランクインした」ということが大きかったようです。そこから「声優と歌の関係性」の景色もガラッと変わり、作品の顔を担うだけでなく、多くの人が目指す場所になり、今のシーンに至っていったのかなと。

──さらに90年代、2000年代、2010年代、そして2020年代とデビューから現在に至るまで全年代でTOP10入りしてきたことについてどう感じていますか?

林原めぐみ正直、最初は恐怖でしたよ。注目されるのっていいことばかりではないんです。数字に世間の気持ちがついていってなくて、それこそ「どうせアニメでしょ」ってあつかいは当たり前。「こっちはキャラクターの想いを込めて歌ってるんだ!」と、ヒットそのものより、作品愛と気持ちで乗り越えていた時代ですね。

──現代では考えられないことです。

林原めぐみそれこそ昔は声優のCDを買うのが恥ずかしくて、別のJ−POPアーティストのCDの下に隠して買ってると言う方もいたんですよ。好きなものは好きって言っていいはずなのに、そんな思いをさせてるんだって…。だからこそ、あるときから「自分は数字に責任を持たなければいけないんだ」と思うようになりましたね。数字というのは悲しいけれど、ひとつの力強い説得材料になりますから。その自負心のようなものも、音楽活動の原動力になっていましたね。

第一線で活躍する“声優アーティスト”シーンへの想い

──アニメ関連楽曲や声優アーティストがランクインするのは珍しくなくなった現在の状況をどう見ていますか?

林原めぐみもう私はそこに居続けなくてもいいな、と思えるようになりましたね。もちろんご縁があればこれからも歌います。ただこれまで自分が背負ってると思い込んできたことを、継いでいくであろう声優さんはたくさんいますしね。そういう意味では30周年記念の『VINTAGE DENIM』は数字を意識せずに作ることのできた、とても柔らかいアルバムになりました。

──『VINTAGE DENIM』も最高6位(4/12付)と好調なセールスを続けています。

林原めぐみ数字というよりも、30年間積み重ねてきたことの結果としてうれしいでですね。そしてこれが今、溺れそうになっている誰かの希望になればいいなと思っています。声優や歌手ってきらびやかなようで、目に見えるのは最後の最後の一瞬だけなんですよ。
 お寿司屋さんでたとえれば、お客さんの前で握る前の、市場でお魚を吟味したり、煮切りを仕込んだりといった地味な作業のほうが実は多くて。だけどそれに腐らずに向き合っていくことが、きっとあなたの力になるはず。手に取っていただいた方が、なんとなくでもそんなことを感じられるアルバムになったらいいなと思っています。
(取材、文/児玉澄子)

あなたにおすすめの記事

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

メニューを閉じる

 を検索