• ホーム
  • 音楽
  • ナイキのキャンペーンソングに抜擢、iriが女性たちに贈る“一歩踏み出す力”

ナイキのキャンペーンソングに抜擢、iriが女性たちに贈る“一歩踏み出す力”

 “自分を信じて大胆に挑戦し続ける女性を応援する”というNikeWomenのキャンペーン「わたしに驚け」。このキャンペーンソングに、新進気鋭の女性アーティスト・iriが抜擢され、楽曲「Watashi」が書き下ろされた。力強く女性たちの背中を押してくれる同曲について、そして理想の女性像について、iriが語る。

大抜擢に驚き、誰もが一歩踏み出せるような曲に

――昨年10月にデビューして数ヶ月にもかかわらず、いきなりNikeWomen「わたしに驚け」のキャンペーンソングを歌うアーティストに抜擢されましたが。
iri 正直、“えっ私!?”と、ビックリしましたね。普段からNikeさんのスニーカーを愛用してるので親近感があるし、やっぱり世界的なブランドなので。

――ご自身でも驚かれたと。このキャンペーンのために楽曲「Watashi」を書き下ろしたそうですが、どんな想いで制作されましたか?
iri キャンペーンの内容が、無限の可能性へ踏み出す女性たちをイメージしたものだったので、それをもとにしつつも、よりリアリティを出すために自分が日常的に感じていることを取り入れました。よく普通とか一般常識って言うけれど、“それって誰が決めたんだろう? いったい何なんだろう?”ってずっと疑問に思っていて。常識に縛られて一歩が踏み出せない人とか、自分がうまく表現できない人とか、たくさんいると思うんですよ。とくに最近はSNSが流行っているぶん、余計に周りの目を気にして自分の意見を押し殺してしまう人も多いと思う。そんな中でも、誰もが一歩踏み出せるような、思いきり自分を表現できるような楽曲を制作したいと思ったんです。

――iriさん自身も、そういった考えですか?
iri そうですね。私自身、小さい頃からあまり常識というものを意識しないで生きてきたんです。でも社会に出たら、それを意識することも多くてすごく違和感を抱いたんですよね。そんな自分の気持ちを歌詞に入れながら、みんなの背中を押せるように意識して描きました。たとえば“I”を“we”に変えたりして、誰もが自分のことだと共感できるように。

――自己完結ではなく、外へ向かったメッセージになってるんですね。
iri あとは、今回の企画を考えて、“揺れて 切れて”とか“覆して”、“引き裂いて”みたいに、新たに動きの感じられる言葉を入れました。

――ご自身でも、とくに印象に残っている歌詞はありますか?
iri “囚われない もう戻らない 誰のものでもないの 私”と“異界 みたい”ですね。“異界 みたい”という部分では、自分が見たことのない景色を求めて一歩踏み出していきたいという気持ちを伝えたかったんです。

――ハウスとポップが融合された曲ですが、トラックは水曜日のカンパネラのケンモチヒデフミさんが手掛けられていますね。ケンモチさんとはどのようなやりとりを?
iri ケンモチさんには、前回のアルバムでもトラックを作っていただいたんですよ。ケンモチさんから送っていただいたトラックに、私が歌詞を乗せて……とお互いやりとりしていました。今回のキャンペーンのことも踏まえて、さすがケンモチさんらしいカッコいいトラックに仕上がったと思います。

共感したのは“女性であること”にとらわれすぎないこと

――「Watashi」も流れる今回のキャンペーン映像は、女性たちの美しさはもちろん、精神的な強さやカッコ良さが感じられる内容でしたが、ご覧になった感想は?
iri 私が歌でイメージしていたものと、実際の映像がとてもリンクしていて、感動しました。なんていうか、いい意味で“女性であること”にとらわれすぎないところに、すごく共感できたんです。女性が力強くボクシングをしたり街を歩いている姿は、純粋にカッコ良くて輝いて見えて。すごく人間らしさを感じましたね。ひと昔前までは、女性がボクシングをするなんて考えられなかったじゃないですか? もちろん男性とは力や体格の違いがあるとは思うんですけど、変にそこにとらわれず、映像に映っているような女性がもっと増えたらいいなって思いましたね。

――女性=守ってあげたい、か弱いではなく、映像からは、たくましさや自立、エネルギーが伝わってきます。iriさん自身も、そういう女性に憧れますか?
iri 自由にいろんなことにチャレンジしたいという想いは強いと思います。

――ちなみに、iriさんの理想の女性像とは?
iri アリシア ・キーズですね。私が一番最初に影響を受けたアーティストなんです。日本では、AIさんやPUSHIMさん。昔から女性の力強さに魅力を感じていましたし、無意識で、そういうパワーのあるシンガーばかり好んで聴いていました。

――では最後に、今作でまた新たな一歩を踏み出されたiriさんですが、この先目指すところとは?
iri 自分の思っていることを音楽を通して伝えていきたいですし、“日本にこんなアーティストがいるんだ!”って、世界を騒がせるような存在になりたいです(笑)。私が初めてアリシアの楽曲を聴いたときも、歌詞の内容はわからないのに、感動してパワーをもらえたんです。それと同じように、日本だけでなく世界中の人たちが私の楽曲に勇気づけられたり、救われる……そんな音楽を発信していけたらいいなって思います。聴いてくれた人の人生に何かしらの影響を与えることができたら最高だなって。それは幼少期からずっと描いている理想、叶えたい夢ですね。
(写真:鈴木かずなり 文:星野彩乃)
>>NikeWomen「わたしに驚け」キャンペーン動画はこちら

【インフォメーション】

2月25日(土)東京・両国国技館で行われる、女性限定のトレーニング&ランニングイベント『NIKE-WOMEN TOKYO』には、iriも登場。同曲を披露することが決定。

【プロフィール】
イリ。神奈川県逗子市在住。2014年にオーディション『JAM』でグランプリを獲得。2016年10月26日にアルバム『Groove it』でデビュー。3月22日に1stシングル「Watashi」を発売する。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!