YOSHIKIがカメラマンデビュー! 渾身のジャケ写を初公開

 ロックバンド・X JAPANのリーダー・YOSHIKIがカメラマンデビューを果たしたことが14日、わかった。YOSHIKIは、6月28日に北米、ヨーロッパ、中南米、日本で発売(配信限定)されるニューシングル「JADE」のジャケット写真を撮影。「音楽は計り知れない力を持っている。僕たちは音楽を通じて東洋と西洋のギャップに橋を架けられると信じている。「JADE」がその最初の一歩になれればと願ってる」と期待を込めている楽曲を、全てにこだわりぬいたという渾身の1枚でさらに引き立てる。

 東日本大震災の影響により、当初3月15日に予定されていたリリースを延期していた新曲「JADE」がついにベールを脱いだ。これと同時にYOSHIKIの写真家への挑戦という新たな試みも明るみになった。関係者によると、YOSHIKIはもともと映像や写真に興味があったようで、今回は親しいカメラマンの手ほどきを受け、被写体となる女性をレンズ越しで捉えた。

 2009年5月の東京ドーム公演での初披露以降、ライブの定番曲となっていたYOSHIKI作詞作曲の新曲「JADE」は、グラミー賞ベスト・エンジニアを獲得しているプロデューサー、アンディ・ウォレス氏のミックスを織り交ぜて完成した。YOSHIKIは「アメリカとヨーロッパでの楽曲リリースは、X JAPANにとっての長年の夢でした!」と喜びもひとしおだ。

 「JADE」は、現在レコーディングが最終段階と佳境に迫ってきた英語版デビューアルバムの1曲目を飾ることも決定。ほぼ全編にわたり英語の歌詞で構成されるロマンチックなストーリーを、ロック、ゴス、クラシックミュージックの要素を融合して仕立てている。

 X JAPANの全世界1stシングル「JADE」は、彼らの欧州&南米ツアーの初日となる6月28日より配信開始となる。日本ではまず音楽配信サイト「mu-mo」で同日に先行配信をスタートし、7月13日(水)より「iTunes」を含む主要音楽サイトと東南アジアでも展開される。
タグ

オリコントピックス

メニューを閉じる