平原綾香、朝ドラ『おひさま』メインテーマを歌う

 歌手の平原綾香が、現在放送中のNHK朝の連続テレビ小説『おひさま』(毎週月〜土 前8:00)のメインテーマを歌うことが3日、わかった。タイトルバックで流れている作曲家・渡辺俊幸のオリジナル曲に、同作の脚本を務める岡田恵和氏が歌詞をつけた。「おひさま 〜大切なあなたへ」として、6月29日発売の番組サウンドトラックCDに収録される。

 岡田氏が作詞するのは、同じく脚本を手掛けた国仲涼子ヒロインの朝ドラ『ちゅらさん』(2001年)シリーズの挿入歌「天下無敵のゴーヤーマン☆」(歌:ガレッジセール)以来、約10年ぶり。今回は「母の思い」をテーマに、井上真央演じるヒロイン・陽子の母・紘子(原田知世)の目線で綴った。

 岡田氏は平原を「言葉を丁寧に伝える歌手」といい、今回は「光栄なお話。とても幸せな作業でした。私にとって宝物です」と喜んでいる。今後、主題歌としてオンエアされるかは未定だが、昨年の『ゲゲゲの女房』の主題歌で注目を集めたいきものがかりの「ありがとう」同様、『おひさま』の定番ソングになる日もそう遠くはなさそうだ。

関連写真

  • 平原綾香 
  • 朝ドラ『おひさま』のポスター 
タグ

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索