ゆず、「お台場合衆国」テーマ曲を書き下ろし

 人気デュオ・ゆずが、7月16日から8月31日までの47日間東京・お台場で開催するフジテレビ主催の毎年恒例イベント『お台場合衆国2011〜ぼくらがNIPPON応援団!〜UNITED STATE OF ODAIBA 2011』のテーマソング(タイトル未定)を書き下ろすことが4日、わかった。ゆずは、同イベントが今年掲げる“東日本復興”と“節電”という目標に賛同し、テーマソングを通して復興支援を呼び掛ける。

 ゆずが『お台場合衆国2011』のテーマ曲を担当することについて、同イベントの団長を務める角谷公英プロデューサーは、「震災以降、忙しいツアーの合間を縫って仙台で行ったライブを見て、「この二人と新しい日本を作っていきたい」と思うようになりました。飾らない姿で市民と触れ合い、励ますその姿は、まさに私が理想とする「NIPPON応援団」です。「日本人は絶対に復活する!」そんな勇気が湧く歌が、この夏日本中に届き、傷ついた日本人の心を全開にしてくれるはずです」とコメントしている。

 同イベントは、“テレビと視聴者が触れあう場”というテーマを掲げ毎年開催してきたが、未曾有の震災が発生し、今回は上述の目標を掲げた。取り組みとして、フジテレビ向かいの広場を“合衆国サンサンアイランド”とし、海外から大型発電機を導入したり、ソーラーパネル等を駆使し、100%自家発電で開催するほか、同イベントに参加することで被災地支援に繋がる企画の準備を進めているという。

 ゆずは震災を受け、現在開催中の全国ツアー『YUZU ARENA TOUR2011 2−NI−×FUTARI』を、最小限の電力で開催しているほか、先月3日には“歌を届けたい”という想いから、被災地の宮城県・仙台を訪れ、13年ぶりの路上ライブを行った。さらに同ツアーで披露した「Hey和」のライブバージョンを配信し、収益金全額を日本赤十字社を通して被災地へ義援金として寄付するという支援活動を行っている。

ゆず全国ツアー『YUZU ARENA TOUR2011 2−NI−×FUTARI』チケット発売情報


タグ

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索