ラルク結成20周年公演 海外劇場鑑賞チケットが売り切れ続出!

 人気ロックバンド・L’Arc〜en〜Cielが5月28日・29日に東京・味の素スタジアムで開催する結成20周年記念ライブが、日本のみならず世界各国でも大きな注目を集めている。日本国内の映画館40劇場およびアジア・欧米6都市の劇場での同時生中継という世界初の試みも実施される同公演だが、チケットが即日完売となる海外劇場が続出。ラルクの世界での人気ぶりが如実に表れている。

 ラルクの記念ライブをリアルタイムで体感しようと、世界各地でもチケット争奪戦が繰り広げられた。1日目はインディーズ時代のアルバム『DUNE』から1998年発売の『HEART』、2日目は1999年発売の『ark』『ray』から2007年発売の『KISS』までの楽曲を中心に構成される同公演のチケットは、すでに即日完売。それでも歴史的瞬間に立ち会いたいという世界中のファンのため、今回のライブ・ビューイングが企画された。

 今月14日に発売された台湾、香港の劇場チケットは即日完売。チケットを手に入れようと劇場窓口には徹夜組を含む長蛇の列ができ、地元メディアでも取り上げられるほどの話題となった。同20日に販売を開始した韓国でも同様の反響で、急遽スクリーンを追加するなど対応に追われている。欧米では、チケット発売前から熱烈なファンによる上映館への問い合わせが殺到し、現地の劇場スタッフを驚かせているという。

 今回のライブは収益金の全額が東日本大震災への義援金となり、ライブ・ビューイングのチケットの収益の一部も同じく寄付される。ライブ・ビューイングのチケットは現在販売中。なお、日本の劇場の残席はわずかとなっている。詳細は特設サイトまで(http://www.liveviewing.jp/larc-en-ciel/)。

オリコントピックス

メニューを閉じる