• ホーム
  • 音楽
  • 吉井和哉が“イエモン”以来13年ぶり、ソロ初のアルバム首位

吉井和哉が“イエモン”以来13年ぶり、ソロ初のアルバム首位

 歌手・吉井和哉のソロ通算6枚目のアルバム『The Apples』(13日発売)が初週3.8万枚を売り上げ、4/25付週間アルバムランキング首位に初登場した。2003年10月にソロデビューした吉井にとって、シングル、アルバムを通じてソロ初の首位獲得となった。

 吉井がボーカルを担当していたTHE YELLOW MONKEY(2004年7月解散)時代を含めると、オリジナルアルバム『PUNCH DRUNKARD』(1998年3月発売)が首位を獲得して以来13年1ヶ月ぶりの首位。ソロではこれまで、3rdアルバム『39108』(2006年10月発売)で記録した2位が最高位だった。

 今作『The Apples』は、前作『VOLT』(2009年3月発売)以来約2年ぶりのニューアルバム。テレビ東京系『JAPAN COUNTDOWN』エンディングテーマの「LOVE & PEACE」をはじめ全14曲を収録した。

■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。




オリコントピックス