フレンチ・キス、AKB48派生ユニット初の「少年ジャンプ」アニメ主題歌に決定!

 人気アイドルグループ・AKB48柏木由紀高城亜樹倉持明日香からなる3人組ユニットのフレンチ・キスが、4月7日よりスタートする新アニメ『SKET DANCE』(テレビ東京系 後6時〜)のオープニングテーマを担当することが6日、わかった。さらに、柏木は主人公の妹・ルミの声を演じることも決定。声優挑戦に「本当に難しかったです。プロの声優さんたちにアドバイをもらったりして、右も左もわからないなりに頑張りました」と苦戦した様子を語った。

 同作は『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載中の人気漫画をアニメ化。人助けを目的に結成された通称“スケット団”が、学園生活の中で誰もが抱えている些細なことだけど切実な悩みや問題を、一生懸命解決していく様子を描いた学園コメディー。

 今回、AKB48派生ユニットとして初めて『週刊少年ジャンプ』アニメ作品のオープニングテーマを務めることとなり、柏木は「『SKET DANCE』の魅力は学園を舞台にスケット団が巻き起こす“ドタバタ感”だと思います。そこはAKB48にも似ているかも。そんな笑いも感動もつまっているこの作品のオープニングテーマを私たちが歌えるなんて、嬉しい&光栄です!」と喜ぶ。

 また、アフレコについては「朝だったら眠そうにしゃべるとか普段の会話では意識しないので、アフレコだとすごく難しかったです。こうやってアニメは作られているんだなぁって実感しました」。ルミ役の見どころを「ツンデレですね。“ツン”が多いけど、ふとした瞬間にお兄ちゃん思いの一面を見せる絶妙なバランスを兼ね備えた妹なので、そこを見て欲しいです」とアピールする。

新アニメ『SKET DANCE』オフィシャルサイト

関連写真

  • 主題歌を担当することが決定したフレンチ・キス 
  • アフレコに挑戦する柏木由紀 
  • アニメ『SKET DANCE』(C)篠原健太/集英社・開盟学園生活支援部・テレビ東京 

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索