シンガーソングライター・しおり、震災16年で小学生に“命の大切さ”訴える

沖縄出身のシンガーソングライター・しおりが、阪神・淡路大震災から16年を迎えた17日、神戸・西灘小学校で“命の大切さ”をテーマにした特別授業を行った。過去、1年半の期間をかけて自身の楽曲「Smile」を引っさげて、全国の学校(63校)を回り子供たちと交流してきたしおりは、同校の小学6年生50名を前に「今を一生懸命生きて欲しい」などと熱弁。以前より同様の取り組みを行うレゲエシンガー・Metisらと一緒に、歌のプレゼントを贈った。

しおりと同じく“命の授業”初参加で、アルバム『Answer』(1月12日発売)でメジャーデビューしたばかりの歌手・...

この記事の画像

  • 西灘小学校で“命の大切さ”をテーマに特別授業を行ったレゲエ歌手・Metis(右端) 
  • 神戸・新長田の西神戸センター街でフリーライブを行うしおり 
  • 地元住民を歌で励ますMetis 
  • 神戸・新長田の西神戸センター街でフリーライブを行うPENGIN 

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索