森進一45周年記念楽曲を小室哲哉がプロデュース 横浜でイベント初共演

■その他の写真ニュースはこちら

 歌手の森進一が20日、横浜ランドマークプラザで歌手生活45周年記念シングル「眠らないラブソング/道標」の発売記念イベントを行った。同曲をプロデュースした小室哲哉がゲストとして駆けつけキーボードを演奏し、森は「本当にいい曲。ぜひ、みなさまのお力をお借りして大ヒットさせたい」と紅白出場にも意欲的。数々のプロデュースをこなしてきた小室も「いつもより難産でした。森さんは歌の一音一音を大事にされる方でしたので、勉強になりました。とにかく森さんの声は天然記念物」と脱帽だった。

 1966年に「女のためいき」でデビューして以来、今作でシングル通算116枚目となる森は、芸能活動を振り返り「あっという間の45年。早いですね」としみじみ。この日は小室が作詞・作曲・編曲を手がけた「眠らないラブソング」など全3曲を熱唱し、集まったファン1200人を酔わせた。

 森の節目となるシングルのプロデュースに小室は「光栄です。難産といいましたけど、当たり前ですね。それぐらいの重みがありました」と感謝しきり。こだわりゆえに森から様々な注文があったようで小室は「ソフトなオーダーでしたけど、凄く大変でした」と苦笑いで、これには森も「45周年と言い過ぎて重くなったかな?」と笑い飛ばし、固い握手を交わした。

 今回のコラボは、昨年共通の友人を通じて森と知り合った小室が、森の作品作りに興味を示して実現。45周年記念楽曲となる「道標(みちしるべ)」でも小室が作曲、編曲を手がけた。


 森進一小室哲哉

関連写真

  • 森進一と小室哲哉がイベント初共演 (C)ORICON DD inc. 
  • 「眠らないラブソング/道標」の発売記念イベントを行った森進一 (C)ORICON DD inc. 
  • 「眠らないラブソング/道標」の発売記念イベントに駆けつけた小室哲哉 (C)ORICON DD inc. 
タグ

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索