東方神起・3人組新ユニット号泣「これからも歌い続けたい」 20万人動員ツアー最終日

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 活動休止中の人気グループ・東方神起ジュンスジェジュン、ユチョンによる新ユニットが13日、東京ドームで2大ドーム公演の最終日を迎え、4日間で約20万人の観客を動員した。ラスト1曲を残した場面でジェジュンは「初日の大阪で涙したら、(観客の)みなさんの泣き顔がすごい悲しくなって。ここは笑って楽しんでもらった方が幸せかな」と満面の笑みを浮かべたものの、「デビューした時から持ち続けてきたピュアな気持ちで、これからも歌い続けたい」と3人で誓い合ったところで、最後は気持ちが高ぶりを抑えきれず号泣した。

 昨年7月に東方神起として初の東京ドーム公演を行って以来、約11か月ぶりとなった大舞台。ユチョンは「本当は、ここにもう1回立てるのか心配だった。でも、みなさんのおかげでここまで来れた。ありがとうございます」と、解散騒動などを乗り越え、3人ながらも集結できたことに感謝。ジュンスも「ドームのステージをみんながいっぱいにしてくれて、夢見たい。本当に幸せ」と目頭を熱くしながら深々とお辞儀した。

 初日の京セラドーム大阪公演は、メンバーもファンも涙、涙だった。当時の心境について口を開いたジェジュンは「ステージ上には3人しかいないけど…みんなに話せなかったことや悲しいこと、苦しいこととか、ずっと我慢していた涙を、出そうと思った」。葛藤の末にファンの前で見せた“本心”だったが、この日はあえて「笑って楽しんでもらえたらみなさんも幸せかな」と決め、笑顔を振りまいた。

ところが、東方神起の残りのメンバーとの“再会”を連想させる歌詞が散りばめられたラストのバラード曲「W」を熱唱後は、溢れる感情を抑えることができず涙。泣きながらステージを去る3人に、集まった5万4000人のファンから鳴り止まない拍手と「ありがとう」といった声援が送られていた。

 「ファンへの感謝の気持ちを歌で伝える」をコンセプトに開催されたライブ『JUNSU/JEJUNG/YUCHUN THANKSGGIVING LIVE IN DOME』は「いつだって君に」「W」を含む新ユニットとしての新曲4曲や、それぞれのソロ曲など全18曲が披露された。7月28日(水)には新ユニット活動前の3人の自分探しの旅を追ったドキュメンタリー・ロードムービー『3hree Voices』が発売される。

【「東方神起」関連特集】
懐かしの写真も満載☆初ベスト盤を徹底解剖!(10/02/17)
ジュンス&ユチョンがユニット結成! エピソードや制作秘話語る(09/09/30)
写真満載☆初の東京ドーム公演をレポート(09/07/15)
ドラマ初出演を果たしたユンホから最新動画コメント到着!(10/06/07)


 東方神起JEJUNG&YUCHUN(from 東方神起)JUNSU from 東方神起

【写真】その他の写真を見る


関連写真

  • 目に涙を浮かべながらファンの声援に応えるジュンス、ジェジュン、ユチョン(*左から) 
  • 『JUNSU/JEJUNG/YUCHUN THANKSGIVING LIVE IN DOME』最終日公演の模様 (左から)ジェジュン、ジュンス、ユチョン 
  • 『JUNSU/JEJUNG/YUCHUN THANKSGIVING LIVE IN DOME』最終日公演の模様 (左から)ジュンス、ジェジュン、ユチョン 
  • 『JUNSU/JEJUNG/YUCHUN THANKSGIVING LIVE IN DOME』最終日公演の模様 (左から)ユチョン、ジュンス、ジェジュン 
  • 『JUNSU/JEJUNG/YUCHUN THANKSGIVING LIVE IN DOME』最終日公演の模様 (左から)ジュンス、ジェジュン、ユチョン 
  • 『JUNSU/JEJUNG/YUCHUN THANKSGIVING LIVE IN DOME』最終日公演の模様、熱唱するジュンス 
  • 『JUNSU/JEJUNG/YUCHUN THANKSGIVING LIVE IN DOME』最終日公演の模様、激しいダンスパフォーマンスを披露するジュンス 
  • 『JUNSU/JEJUNG/YUCHUN THANKSGIVING LIVE IN DOME』最終日公演の模様、観客をあおるユチョン 
  • 『JUNSU/JEJUNG/YUCHUN THANKSGIVING LIVE IN DOME』最終日公演の模様、歌声で観客を魅了したジェジュン 
  • 『JUNSU/JEJUNG/YUCHUN THANKSGIVING LIVE IN DOME』最終日公演の模様、歌声で観客を魅了したジェジュン 

オリコントピックス

メニューを閉じる