山田優、13年越しの“友情”が実を結び同郷の新鋭グループ・PENGINとコラボ

■その他の写真ニュースはこちら

 女優で歌手の山田優が、沖縄出身の3人組グループ・PENGIN(ペンギン)の新曲「世界に一人のシンデレラ feat.U」(5月19日発売)に、自身初となるフィーチャリングとして参加することが27日、わかった。元々、山田と同郷のボーカル・XICO(キシコ)は同時期に、安室奈美恵、SPEEDらを輩出した沖縄アクターズスクールに所属。将来的にコラボレーションしたい胸の内を明かす山田は当時のXICOについて「シャイな性格だけど、後輩の面倒見がいい優しい人。全身黒ジャージで髪をツンツンにして練習していました」と振り返り、今年に入り久々に再会したことをきっかけに、13年越しの“夢実現”をとても喜んでいるという。

 PENGINは、同じ高校の同級生だったXICOと346(サンシロウ)で2000年に結成。その後、DJのカットーも加わり、2008年11月に「オレポーズ〜俺なりのラブソング」でメジャーデビュー。今回の山田をフィーチャーした作品の原曲は、2009年8月に同名で4thシングルとしてリリースされたもので、XICOが実姉の結婚式前に制作したウエディングソング。歌詞は、男性目線での世界観を描いているが、今回新たに女性側(山田)との掛け合い要素が入ったバージョンにリアレンジした。ジューン・ブライドを前に、新たな「結婚ソング」として注目を集めそうだ。

 13年前、互いに切磋琢磨しながら山田と「いつか一緒に何かできたらいいね」と会話を交わしたというXICOは「(山田は)当時からスター。まさか、もう一緒に何かできるとは思っていなかったので、今でも信じられない感じ。改めて、音楽を続けていて良かったと思いました!」と感慨深げ。3人と一緒に収録を行った山田も「同郷出身ということもありアットホームなレコーディングになりましたね」と感想を寄せている。

関連写真

  • PENGINの新曲「世界に一人のシンデレラ feat. U」にフィーチャリングとして参加している“U”こと山田優(中央左)とPENGIN(写真左よりPENGINの346、XICO、DJカットー) 
  • “U”こと山田優が参加しているPENGINの新曲「世界に一人のシンデレラ feat. U」のレコーディングの模様 
タグ

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索