広瀬香美が書いた“ツイッター”のテーマ曲完成

■その他の写真ニュースはこちら

 シンガー・ソングライターの広瀬香美が、ブログの短文版として人気の“Twitter”(ツイッター)のテーマ・ソングを完成させ、自身のブログ7日付の投稿で「今日は、いよいよ ビバ☆ヒウィツヒヒー のテーマソングを皆さんに聞いて頂く日です」と書き綴った。“Twitter”が“ヒウィツヒヒー”と読める、とつぶやいた発言がツイッターを通じて全国に広がり、思わぬ注目を集めるようになっていた。

 広瀬が7月22日に最初にツイッターに投稿した一言つぶやき「twitterの源氏名は、、、、、ヒウィッヒヒー に、決定!」は、デザインされた“twitter”ロゴの「t」が、カタカナの「ヒ」に見えることによるもので、多くの人から共感を得たようで瞬く間にこの“ヒウィッヒヒー”という言葉が話題に。その盛り上がりを受けて広瀬は7月28日のツイッターで、ツイッターのテーマソングを作ることも示唆していた。

 数々のヒット曲で知られる広瀬が思わぬきっかけで書き下ろした新曲。本人は同曲について「とっても楽しくて、笑顔がでちゃう、ハッピーソングです。みなさんへの感謝の気持ちを込めて、一生懸命制作しました」と、あっけらかんとブログで報告している。楽曲は公式サイトの「心とろける音楽の時間」で公開する予定。

◆広瀬香美公式サイト

↑ツイッターのテーマソングの歌詞も公開

◆広瀬香美 ファンクラブ『Magical Snow Room』


 広瀬香美

タグ

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索