なにわの名物アナ道上洋三、初登場11位で歴代記録更新

■アナウンサーCD、ランクイン作品一覧はこちら

 大阪・朝日放送ラジオの名物アナウンサー、道上洋三のアルバム『新しい朝〜おはようパーソナリティ道上洋三です30周年記念アルバム〜』が、大塚愛、東京事変、アンジェラ・アキら強豪がひしめく10/8付ウィークリー・アルバムランキングで、堂々の11位に初登場を果たした(売上1.4万枚)。(CDを手に満足げな本人の写真はこちら

 今回、道上のアルバム『新しい朝〜』が記録した11位は、アナウンサー作品の歴代最高位。2003年12月にフジテレビの軽部真一アナと高島彩アナによるユニット、K&Tがシングル「君の好きなヒト」で記録したこれまでの最高17位を3年10ヵ月ぶりに更新した。
『新しい朝〜おはようパーソナリティ道上洋三です30周年記念アルバム〜』

 道上洋三は、1985年9月にリリースした「阪神タイガースかぞえ唄」で、オリコン・シングルランキングで最高22位を獲得しており、熱狂的な“虎ファン”のベテランアナウンサー。本作は、その道上がパーソナリティを務める、朝日放送ラジオの看板番組『おはようパーソナリティ道上洋三です』の放送開始30周年を記念したもので、9月26日に発売された。

 地元、近畿・大阪の地区別デイリーアルバムランキングでは、初登場以来、連日トップ5入りを記録しており、今回のウィークリー・アルバムランキングの動向が注目されていた。ちなみに、9月12日に発売されたR&Bの泣ける曲と踊れる曲をテーマに選曲した2枚組みのコンピレーション作品『ワッツ・アップ?−R&Bグレイテスト・ヒッツ2』が10位を獲得している。

 11位にランクインしたことで、さらに話題が広がりそうな道上洋三。今後のランキング動向にも注目したい。




 

【写真】その他の写真を見る


関連写真

  • CDを手に満足げな道上洋三 
タグ

オリコントピックス

メニューを閉じる