【YouTubeチャート】SEVENTEEN 久々のフルアルバムのリード曲「HOT」初登場1位

 今週(2022.5/27〜6/2)YouTubeチャートTOP100の週間総視聴回数は先週比で3.1%減となり、2週連続で前週を下回った。TOP100の初登場作は14作(先週12作)となった。

【YouTube_TOP10】(5/27〜6/2)

【YouTube_TOP10】(5/27〜6/2)

写真ページを見る

【写真】その他の写真を見る


 初登場でいきなりの1位となったのは、韓国発13人組ボーイズグループSEVENTEENの「HOT」(視聴回数534.7万回)。本チャートでの1位獲得は、21年10月(21. 10/22〜10/28)の「Rock with you」以来となる。5月27日に韓国でリリースした、2年8ヶ月ぶりのフルアルバム『Face the Sun』のリード曲。これまでのポップなイメージからは一転、情熱でパワフルな作品に仕上がっている。今後、日本の音楽番組への出演も相次ぐことから(6月5日・フジテレビ系『Love music』(フジテレビ系)、10日・テレビ朝日系『ミュージックステーション 夏の2時間スペシャル』、11日・NHK『Venue101』)、認知の上昇と共に、視聴回数もさらにアップしそうだ。

 2週連続で2位をキープしているのは、SEKAI NO OWARI「Habit」(同443.2万回)。視聴回数は先週より10.4%増となった。蜷川実花監督作品の映画『ホリック xxxHOLiC』主題歌として書き下ろされた中毒性の高いナンバーで、メンバーがミュージックビデオ(MV)で本格的なダンスを披露しているのも話題だ。それもあり、TikTokなどでダンス動画が多数アップされている。6月22日にリリースされるCDシングル「Habit」はアートワークに凝った3タイプをリリース。8月14日からは初のドームツアー『SEKAI NO OWARI DOME TOUR 2022』がスタートする。

 11位に初登場したのは、ボカロPのDECO*27「愛言IV feat. 初音ミク」(同207.2万回)。09年リリースの「愛言葉」、13年の「愛言葉II」、18年の「愛言葉III」に続く、愛言葉シリーズの第4弾。これまでのシリーズ同様に、すべてのファンと初音ミクへの感謝の気持ちが歌われた内容になっている。MVのイラストを担当したのは、「ヴァンパイア」や「ヒバナ」を手がけた八三。コメント欄には、「ミクや視聴者への愛が詰め込まれている」「歴代の曲の要素がしっかり入っている」と絶賛する言葉が数多くつづられている。

 28位(先週60位)に急上昇したのは、人気バーチャルロボシンガー・律可「酔いどれ知らず」(同113.8万回)。本作は、謎めいた歌詞が独特の世界観を構築しているボカロP・Kanariaの楽曲で、ファンによってさまざまな歌詞考察が行われているほか、多くの歌ってみた・カバー動画が投稿されており、歌い手やVtuberに愛される1曲となっている。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」

関連写真

  • 【YouTube_TOP10】(5/27〜6/2)
  • 【YouTube_TOP11〜20】(5/27〜6/2)
  • 【YouTube_TOP21〜30】(5/27〜6/2)

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索