ぴあ総研が28日、新型コロナウイルスの影響で壊滅的危機に陥っているライブ・エンタテインメント市場規模の推移予測を公開した。2022年3月までにイベント開催制限が完全撤廃され、2025年まで政府の支援が継続することを前提に、最短で2023年にはコロナ禍前の水準まで回復すると予測した。 ライブ・エンタテインメント市場規模は、国内で開催された音楽コンサートとステージ(ミュージカル、演劇、歌舞伎、お笑い、バレエなど)のチケット推計販売額の合計(オンライン配信ライブは含まず)を算出したもの。2020年の公演回数は前年比68.2%減(13万5874回→4万3372回)、動員数は同82.1%減(8283万人→1480万人)、市場規模は、過去最高を記録した2019年の6295億円から82.4%減の1106億円まで落ち込んだ。


タグ

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索