『STUDIO COAST』22年1月で閉館 定期借地契約満了に伴い、クラブイベント「ageHa」も同施設での活動終了

22年1月で閉館する『STUDIO COAST』

22年1月で閉館する『STUDIO COAST』

写真ページを見る

 マザーエンタテイメントは、運営する東京・新木場の『STUDIO COAST(スタジオコースト)』について定期借地契約満了に伴い、2022年1月の営業をもって閉館すると12日、発表した。併せて、アゲハプロダクションズが企画・運営をおこなうクラブイベント「ageHa」については閉館に伴い、同施設での活動を終了する。

 同施設は2002年の開業以来、昼間はライブハウス・多目的ホール、夜間はオールナイトイベント「ageHa」として、約20年の間で5000本以上のイベントを開催。延べ700万人以上が来場するなど、国内でも有数の施設となった。

 同社は「関係者の皆さま、携わっていただいたアーティストの皆さま、足を運んでいただいた多くのお客さま、そしてご支援いただきました皆さまに心より感謝申し上げます」と伝えた。閉館までのイベント情報などは各種オフィシャルサイトやSNSで随時案内する。「ageHa」の今後については「場所を問わずクラブイベントとして、新しいイベントやプロジェクトをご提供できるよう進めてまいります」としている。

 また公式サイトでも「今日まで『STUDIO COAST』ならびに当施設での『ageHa』の営業を継続する為、土地所有者との協議、交渉を続けてまいりましたが、誠に残念ながら再契約には至らず1月30日の最終営業日をもちまして閉館とさせていただく運びとなります」と報告。アーティストや客への感謝を記し、「クラウドファンディングにてご支援いただきました皆様に心より感謝申し上げます。最終営業日まで皆様に楽しんでいただけますようスタッフ一同全力を尽くして参ります」とした。

タグ

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索