HKT48劇場がネーミングライツ契約締結 48グループ初『西日本シティ銀行 HKT48劇場』、10月オープン目指す

 西日本シティ銀行と福岡ソフトバンクホークスは17日、会見を行い今月21日に開業するエンターテインメント施設BOSS E・ZO FUKUOKA内にオープンするHKT48劇場のネーミングライツ契約を締結したことを発表した。これにより、『西日本シティ銀行 HKT48劇場』としてオープンする。

【写真】その他の写真を見る


 会見にはHKT48のメンバー、同グループを運営するMercuryの前田治昌社長、西日本シティ銀行の谷川浩道頭取、福岡ソフトバンクホークスの太田宏昭代表取締役専務COOが出席。HKT48のスペシャルステージも行われた。

 また、『西日本シティ銀行 HKT48劇場』は今年10月下旬のオープンを目指して準備を進めている。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」

関連写真

  • 西日本シティ銀行 HKT48劇場で「青春の出口」を歌ったHKT48 (C)Mercury
  • 『HKT48劇場ネーミングライツ契約締結会見』の模様
  • 西日本シティ銀行 HKT48劇場で「青春の出口」を歌ったHKT48 (C)Mercury
  • 『HKT48劇場ネーミングライツ契約締結会見』の模様
  • 『HKT48劇場ネーミングライツ契約締結会見』の模様
  • 『HKT48劇場ネーミングライツ契約締結会見』の模様

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索