音楽業界3団体、ライブエンタメ従事者支援基金「Music Cross Aid」創設

 日本音楽事業者協会、日本音楽制作者連盟、コンサートプロモーターズ協会の音楽業界3団体が11日、新型コロナウイルスの影響で苦境に立たされている日本のライブエンタテインメント産業の事業者・従事者を支援する基金「Music Cross Aid」を創設した。

 緊急事態宣言解除後も、完全な形でのライブ再開のめどが立たず、ライブエンタメ産業はかつてない危機的な状況に立たされている。行政発の経済支援策に頼るだけでなく、音楽業界自らが立ち上がり、前出3団体と公益財団法人パブリックリソース財団との提携により、支援基金「Music Cross Aid」を創設した。

 3団体によるAIDプロジェクト事業(ライブイベント、放送配信、グッズ製作販売など)の収益金、事業法人・団体、個人からの寄付金を原資とし、新型コロナウイルスの影響で活動休止・中止・延期を余儀なくされたライブエンタメ関連事業者(法人)、専門スタッフ(個人)に対し、今後の活動に必要な資金を支援する。

 寄付の受付は、きょう11日からスタート。3000円以上を寄付した法人・個人には領収書が発行され、税控除を受けることができる。

■『Music Cross Aid』基金創設に向けた3団体共同メッセージ

 新型コロナウイルス感染症の拡?防?を率先して務めるべく、今年の2月以降、音楽業界は多くのライブ公演の自粛を積み重ねて来ました。その効果もあってか緊急事態宣言は解除されましたが、ライブエンターテインメントに関しては未だ完全な形での再開の目処は立っていません。日本のメディアコンテンツの柱であり、特に2000年代以降、この国のカルチャーを牽引し続けて来たライブエンターテインメントは今、かつてない危機的な状況に立たされています。

 音楽エンターテインメントはステージの上で輝くアーティストやミュージシャンのみによって成立しているわけではありません。音響、照明、ステージ制作、楽器管理、舞台監督などの卓越したスキルや想像力がステージを演出することによって初めてファンタジーが?まれ、掛け替えのないエンターテインメントとなるのです。彼らの尽力やイメージなくして、今の日本のライブエンターテインメントはここまで進化しなかったと言っても、決して大袈裟ではないでしょう。

 この深刻な状況下で、ライブエンターテインメントに関わる人たちの多くは一切の収入が絶たれ、未だ先行きが見えないまま日々を過ごしています。このままでは無念を抱えながら、廃業を決断する方々が増えていくことまでが予想され、事態は益々深刻さを増しています。――そう、今、これまで脈々と受け継がれ、多くの人々を魅了して来た日本独自のライブエンターテインメントの根底を支える事業者や技術スタッフの生活を守り支えることは、この国最大のカルチャーである音楽産業の断絶を防ぐことに直結する、急務なのです。

 今回立ち上げるに至ったライブエンタメ従事者支援基金「Music Cross Aid」は、行政発の経済支援策に頼るだけではなく、音楽業界自らが立ち上がり、前述したようなエンターテインメントを支えてきた様々な技術者や団体を大きく支援する、リアリズム溢れた待望の支援プロジェクト。音楽業界内外からの資金援助の申し出に加え、各チャリティーイベントや業務提携の発案などを、これまで日本のエンターテインメント産業をまとめて来た日本音楽事業者協会、日本音楽制作者連盟、コンサートプロモーターズ協会3団体が主管し、責任と大志を持って、困窮している事業者や音楽エンターテインメントスタッフの支援に活用していく公益民間プロジェクトです。基金に寄せていただいた貴重な力や資金は、必ずやこれからのライブエンターテインメント産業の復興、復活に役立ててまいります。

 どうかご支援、ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

2020年6月
一般社団法人日本音楽事業者協会
一般社団法人日本音楽制作者連盟
一般社団法人コンサートプロモーターズ協会

■「Music Cross Aid」ウェブサイト
http://www.musiccrossaid.jp/

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索