YOSHIKI、『国立国際医療研究センター』に1000万円寄付「少しでも力になれば」

 X JAPANのYOSHIKIが、自身が運営する米国非営利公益法人501(c)(3)「YOSHIKI FOUNDATION AMERICA」を通じて『国立国際医療研究センター』へ1000万円の寄付を行ったと21日、発表した。

 同センターは、新型コロナウイルスを含む感染症や免疫疾患などを研究する日本政府管轄の医療機関。組織内の「センター病院」は、ナショナルセンターとしては唯一の総合病院で、特定感染症に関し日本で最大の病床数を確保している。

 新型コロナウイルスの感染が拡大する中、YOSHIKIは日本で緊急事態宣言が発令される前から、SNSを通じて感染者対策の重要性を呼びかけていた。日本で感染人数が1万人を超える状況などを憂慮し、最前線で戦う医療従事者たちへのサポートとして今回の寄付を実施した。

 YOSHIKIは、今回の寄付について「今僕らが一番サポートしなければならないのは、こうしている間にも新型コロナウイルスの患者さんの治療に当たっている医療に従事する人達だと思います。少しでも力になればと思い、寄付をさせていただきました」と心境を明かした。また「今、苦悩に耐えながら自粛をしている皆さん一人一人の思いやその行動は、自分がさせていただいた寄付の何百倍、何千倍も、医療機関の人達への力になっていることを、自分も含めて再認識できればと思っています」と呼び掛け、「音楽家としても皆さんの心の支えになれるように努力したいと思います」と決意を新たにした。

 新型コロナウイルスに関し、YOSHIKIはアメリカでの食糧難パニックの沈静化支援のため、米ロサンゼルスの『Meal on Wheels』へ2万4000ドル(約250万円)、また公演中止の影響を受けた世界中のミュージシャンや音楽業界で働く人達を支援するため、レコーディング・アカデミーなどが設立した『COVID-19救済基金』に10万ドル(約1000万円)を寄付している。

関連写真

  • 「国立国際医療研究センター」に1,000万円を寄付したYOSHIKI
  • 2019年9月 台風15号の被害を受けた千葉へボランティアに駆けつけたYOSHIKI

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索