SixTONES vs Snow Manデビューシングル、発売3日でミリオン突破【オリコンランキング】

 ジャニーズ史上初となる同時CDデビューを果たしたSixTONESSnow Manのデビューシングル、SixTONES vs Snow Man「Imitation Rain/D.D.」(ソニー・ミュージックレーベルズ/エイベックス・トラックス)が、本日1月24日確定の1/23付オリコンデイリーシングルランキングで10.3万枚を売り上げ、累積売上が109.4万枚となり、デイリー3日目にしてミリオンを達成した。

 昨年末の『第70回NHK紅白歌合戦』でスペシャルステージに登場し、幅広い世代への認知を高めていたSixTONESとSnow Manによる本作は、一昨日発表の1/21付オリコンデイリーシングルランキングにおいて、発売初日(店着日)に77.3万枚、翌日1/22付に21.8万枚、そして本日の1/23付で10.3万枚を売り上げ、ミリオン突破となった。発売初日にして77.3万枚の売上は、今年度(※)のシングル売上1位の記録だ。

 今回の両グループの同時デビューは、昨夏19年ぶりに開催されたジャニーズJr.単独東京ドーム公演でサプライズ発表。2グループ合同で1作のデビューシングルをリリースするのはジャニーズグループとして初の試みとなり、大きな話題と注目を集めていた。

 結成5年目のSixTONESは、ジャニーズJr.でありながら、昨年行われた全国ツアーでは動員数13万人以上を記録。また、昨年発売された、彼らが2度表紙を飾った『an・an』は、どちらも全国の書店で完売が続出し、雑誌としては異例の重版。デビュー前のアーティストが2度同誌の表紙を飾り、2回連続で重版されるのは創刊49年の歴史上初となり、その人気の大きさを物語っていた。

 一方、身体能力抜群のSnow Manは、ジャニーズ最高峰ともいわれる華麗なアクロバットが武器。ジャニーズJr.として下積みを10年以上経験したメンバーが多数という苦労人グループでもある。Snow Manも『TVガイド 1月24日号』(1月15日発売)の表紙に登場。デビューを記念し、東日本版と西日本版の2パターンでそれぞれ「白王子ver.」と「黒王子ver.」として発売され、それぞれ人気を博している。

 そんな2グループによる本作は、すべての形態でSixTONESの「Imitation Rain」とSnow Manの「D.D.」のそれぞれ表題曲を収録し、通常盤では特典としてSixTONESとSnow Manの計15人のメンバーが参加するトークトラックを収録。そのほか、それぞれの特典映像を収録する初回盤、with SixTONES盤、with Snow Man盤がリリースされている。

※今年度(2020年度)は、「2019/12/23付」よりスタート



■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、スマホ、SNS)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。

提供元:CONFIDENCE

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索