いきものがかり、結成20周年で決断 所属事務所から独立、新会社設立へ

 3人組ユニット・いきものがかりが25日、公式サイトやツイッターで、現在所属しているキューブから独立し、2020年4月2日から自分たちの新会社を設立し、新たなスタートを切ることを発表した。

 メンバーの水野良樹吉岡聖恵山下穂尊は、「10代でグループを始めた3人も、結成20周年を迎え、30代になりました。そのあいだに時代も変わり、音楽を取り巻く環境は常に変化しています。これからの3人の活動が、そして人生が、どうあるべきなのか、長い時間かけて話し合いました」と経緯を説明。

 「自分たちで考え、自分たちで決断し、自分たちで行動する。もっと自由に、もっと楽しく、もっとしなやかに。20年前、僕らは3人だけでこのグループを始めました。あのときと同じような気持ちで、もう一度、スタートラインに立つべきじゃないか」と、3人で、結成20年で新たな旅立ちを決めたという。

 インディーズ時代に契約を結んでから、約15年間所属した事務所に対しては、「育ててくれた愛情と、送り出してくれた寛大さによって、これからの、いきものがかりの未来があります」と、最大限の感謝のことばも伝えている。

 サイトにはキューブ代表取締役社長の北牧裕幸氏もコメントを寄せ「いきものがかりは2020年4月1日を以ってキューブから独立いたします」と報告。「思い起こせば、私が株式会社キューブを設立したのは37歳の時です。彼らもその年齢に差し掛かって来ました、自らの羽で飛んでみたいと思う気持ちはよくわかります。親心としては、もちろん老婆心で、転ばぬ先の杖も心配してしまいます。しかし、旅立つ若者の背中を押し、見守ってやるのも親の愛情かと思います。そう思い、彼らの決断を諒とし、新たな旅立ちに幸あれと念じ、送り出すこととしました」と思いを明かした。

 また、新会社での再出発は、来年4月2日を予定。新年から創業の準備するとしている。

 いきものがかりは1999年に結成、2006年3月に「SAKURA」でメジャーデビュー。代表曲は「じょいふる」「ありがとう」「風が吹いている」など。デビュー10周年を迎えた17年1月には個人活動のため「放牧宣言」し、18年11月に「集牧宣言」で約2年ぶりに活動を再開した。

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索