エビ中“史上最狂・最速”の新曲初披露「挑戦的なことを頑張っています」

 アイドルグループ・私立恵比寿中学が6日、全国ホールワンマンツアー『私立恵比寿中学ようこそ秋冬ホールツアー2019 〜世界のみなさんおめでとうアイドルって楽しい〜』(全16公演)の千葉公演を市川市文化会館 大ホールで開催した。

【写真】その他の写真を見る


 ツアー4本目となる本公演のアンコール1曲目、12月11日発売予定の6thフルアルバム『playlist』収録曲「PANDORA」(パンドラ)を初披露。ロックバンドPay money To my Painのギタリスト、PABLOが作曲・編曲を手掛けた新曲は、エビ中史上最狂・最速のロックナンバー。印象的なフレーズを連呼する星名美怜を中心としたパフォーマンスでファミリー(エビ中ファン)のド肝を抜いた。

 MCでは「エビ中史上最速で、最もキーが高い曲」と紹介。星名は「今回この1曲を聴いていただきましたが、『playlist』では挑戦的なことを現在頑張っています」と話し、真山りかは「既に作家陣が一部発表されていますが、(この日の星名に続いて)誰がクローズアップされるのかも楽しみにしてください」と予告。星名は「今後のツアーでもニューアルバムからの新曲が披露されるかもしれないので、残りのツアーもぜひチェックしてください」と呼びかけた。

 次回公演は、11日に埼玉・大宮ソニックシティ大ホール(完売)で行われる。

関連写真

  • 全国ホールツアーで新曲「PANDORA」を初披露した私立恵比寿中学
  • 「エビ中史上最速で、最もキーが高い曲」という「PANDORA」を初披露
  • 全国ホールツアー真っ只中のエビ中
  • 『私立恵比寿中学ようこそ秋冬ホールツアー2019 〜世界のみなさんおめでとうアイドルって楽しい〜』千葉公演より
  • 私立恵比寿中学
  • 「PANDORA」の作曲・編曲を担当したPay money To my PainのギタリストPABLO

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索