関ジャニ∞・錦戸亮、グループ脱退&ジャニーズ事務所から退所を発表「恩返しできるように」【コメント全文】

 人気グループ・関ジャニ∞錦戸亮(34)がグループを脱退し、9月末をもってジャニーズ事務所を退所することが5日、公式サイトで発表された。

 同グループは2002年12月に関西ジャニーズJr.として、錦戸、横山裕村上信五、渋谷すばる、丸山隆平安田章大大倉忠義、内博貴の8人で結成された。04年8月25日に関西限定地区シングル「浪花いろは節」にてCDデビュー(その後、9月22日に全国発売)。全員が関西出身のトーク力とバンドスタイルでのパフォーマンスが人気を集め、12年には『NHK 紅白歌合戦』初出場を果たし、昨年まで7年連続で出場してきた。

 一方でグループとしての歴史は順風満帆ではなく、デビュー翌年の05年に内が脱退、18年をもってメインボーカルを務めていた渋谷が脱退・退所。それでも昨年秋以降、6人体制で9月には初の海外公演として台湾公演を成功させ、7月から今月3日までデビュー15周年を記念した全国5大ドームツアー『十五祭』を開催していた。

 錦戸はグループではギター・ボーカルを担当。2003年9月には当時内とともに所属していたNEWSとしてCDデビュー。2011年11月に兼任が解除され、関ジャニ∞に専念してきた。俳優としても活動し、昨年NHK大河ドラマ『西郷どん』に出演。今年1月期のフジテレビ系ドラマ『トレース〜科捜研の男〜』で月9初主演を務めていた。

●錦戸亮コメント全文

ファンの皆様へ。

僕、錦戸亮は9月末日をもちまして、
21年間お世話になったジャニーズ事務所を退所させて頂く運びとなりました。

僕なりの形で、僕なりのエンターテイメントとは何なのかを、改めて考え、これからも発信し、恩返しできるように努めていきたいと思います。

応援していただいた皆様には感謝の気持ちで一杯です。

そして、ジャニーさん、

心からありがとう。

錦戸亮

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索