71歳・五木ひろし“改名”続きの歌手生活55年 転機はオーディション番組「人生の大勝負だった」

演歌歌手の五木ひろし(71)が5日、都内で歌謡ショー『歌手生活五十五周年 感謝の響宴』を開催。公演前の囲み取材では「小さいころから歌が好きで歌手になりたいと思って昭和39年に上京した。コロムビア全国歌謡コンクールで優勝したことがプロ歌手としての第一歩となった」と語り「デビューしたものの、思うように行かない時代もありましたが、『五木ひろし』として1971年、4つ目の改名ですがそれが成功して昭和、平成という時代を多くの方に支えられながら歩いてきました」と改名が印象的だった歌手人生だったと振り返った。

1965年に「松山まさる」としてコロムビアから「新宿駅から/信濃路の...

この記事の画像

  • “改名”続きの歌手生活55年を振り返った五木ひろし (C)ORICON NewS inc.
  • 歌謡ショー「歌手生活五十五周年 感謝の響宴」公演前の囲み取材に出席した五木ひろし (C)ORICON NewS inc.
  • 歌謡ショー「歌手生活五十五周年 感謝の響宴」公演前の囲み取材に出席した五木ひろし (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索