YOSHIKI、ファンと触れ合い右手首の状態悪化 ドクターストップも公演続行

X JAPANのYOSHIKIがディナーショーでのファンとの触れ合いで右手首のじん帯の状態を悪化させたことが11日、発表された。11日のブレックファストショー開始前には「強く握ったり、叩いたりする行為は控えてほしい」との極めて異例の場内アナウンスも行われた。 運営のウドー音楽事務所によると、ボン・ジョヴィの日本公演でも同様の事態になったことがあるという。YOSHIKIは激しい痛みが続いているというが、 医師の指導のもと、 現在ショーを継続している。

全12公演がソールドアウトしている公演は9日に開幕。現在4公演目を迎えたばかり。その中で、感謝の...

この記事の画像

  • ディナーショーを開催中のYOSHIKI
  • ディナーショーを開催中のYOSHIKI
  • ディナーショーを開催中のYOSHIKI
  • ディナーショーを開催中のYOSHIKI
  • ディナーショーを開催中のYOSHIKI
  • ディナーショーを開催中のYOSHIKI
  • ディナーショーを開催中のYOSHIKI

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索