森昌子、父の命日に引退生報告で涙 目標答えられず「苦しさもあり…」 子どもからは「母さんお疲れ様でした」

 今月25日に自身のブログで年内で芸能界引退を発表した歌手・森昌子(60)が28日、都内で引退会見を行い「2度目の引退ですので、このような記者会見は恥ずかしいのですが、3度目はございません」と改めて自身の口から引退を発表。「記者の方から『これからの目標は?』と聞かれて、口ごもってしまい本当のことが言えなかった。その苦しさもあり、このままだと無理だなと判断しまして、引退ということにさせていただきました」と、引退を決断した理由を語った。

【写真】その他の写真を見る


 引退について家族からの反応は「母には食事をした際に『今年で歌手を辞めるから』と報告しました。母は何でもお見通しで…『よく14年間頑張ってくれたね。ありがとね』と言ってくれた。子どもたちはお互いに忙しいので、1年で会えるかどうかなので、メールで言いました。『母さんお疲れ様でした』と返信が来ました」と明かした。

 また2006年3月28日に亡くなった父についても「13年前のきょうが父の命日。父が天国で見ているのかな…こんな偶然があるのかな…」と涙を流した。

 休養の選択をしなかった理由は「(休養は)スタッフの方にも『忙しいからそういう思いになっているのでは?』と言われまして…。でも、性格なのか落ち着いてからではないので、前に進めないので引退を選択しました」と語った。

 歌手人生を振り返り「恵まれた歌手人生だったと思います。力不足で良い楽曲があったのですが、皆さんの前に伝えられなかった部分があるので、これから歌い継いでいただけたら…」といい、ファンに向けて「森昌子は恵まれた歌手人生でした」と涙を浮かべながら感謝の気持ちを述べた。

 25日に更新したブログでは「昨年還暦を迎えるにあたり、人生の残された時間を具体的に考え始めた時に、もう少し穏やかな時間の中で芸能活動以外の事に時間を使って人生を充実させたいと思うようになりました」と引退の理由を説明し「どうか私のわがままを許してください。弱虫で大した取り柄もない私を、笑顔でこんなにも長く応援してくださって…、ファンの皆様には心から感謝しております」と伝えていた。

 また、年内のコンサート活動は継続していく。26日には、埼玉でコンサートを行いファンに向けて「27歳で一度引退し、家庭に入り、離婚をして、20年も休んでいた私は自分の家族を守るために、生活のために戻ってきました。そんな私を笑顔で迎えてくださったファンの皆さんにはどんなに感謝しても足りません。それなのに何のお返しもできないまま、またいなくなります。本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。でも、私なりに考え抜いた結論なんです。私のわがままをどうか許してください」と、深々と頭を下げて引退を生報告していた。

 森は1971年にオーディション番組『スター誕生』初代グランドチャンピオンとなり13歳でデビューし、山口百恵、桜田淳子とともに“花の中三トリオ”として人気を博した。86年8月には歌手・森進一(71)との結婚のため引退。その後2006年に復帰した。長男はロックバンドONE OK ROCKボーカルのTaka、三男はMY FIRST STORYのボーカル・Hiroとして活動している。

関連写真

  • 引退報告会見で涙を見せた森昌子(C)ORICON NewS inc.
  • 両目から涙を流す森昌子 (C)ORICON NewS inc.
  • 引退報告会見を行った森昌子 (C)ORICON NewS inc.
  • 引退報告会見を行った森昌子 (C)ORICON NewS inc.
  • 引退報告会見を行った森昌子 (C)ORICON NewS inc.
  • 引退報告会見を行った森昌子 (C)ORICON NewS inc.
  • 引退報告会見を行った森昌子 (C)ORICON NewS inc.
  • 引退報告会見を行った森昌子 (C)ORICON NewS inc.
  • 引退報告会見を行った森昌子 (C)ORICON NewS inc.
  • 引退報告会見を行った森昌子 (C)ORICON NewS inc.
  • 引退報告会見を行った森昌子 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索