きゃりーぱみゅぱみゅ、内田理央主演ドラマ主題歌を担当「きみがいいねくれたら」

 歌手のきゃりーぱみゅぱみゅが4月4日スタートの女優・内田理央主演による読売テレビ・日本テレビ系連続ドラマ木曜ドラマF『向かいのバズる家族』(毎週木曜 後11:59)の主題歌を務めることがわかった。

 同作は、SNSをめぐる家族の崩壊と再生を描く新しい形の家族ドラマ。主人公でカフェの店長を務めるあかり(内田)は、真面目で周囲からの評判も良い女性だが、実はまったく違うもう一つの人格を持っており、そのことは家族や友人、同僚にも絶対に秘密だった。そんなあかりが、思わぬ出来事、ある動画がきっかけで「バズる」ことになり、突然「インフルエンサー」への坂道を登っていくことから物語は始まる。

 主題歌タイトルは「きみがいいねくれたら」。ドラマのために書き下ろされた同曲は、SNSの申し子であるきゃりーが、現代の「SNS迷子たち」に送る前向きなメッセージソングに仕上がっている。また、内田がゲスト出演する同局特番『体感!奇跡のリアルタイム』(21日 後9:00)内のドラマ番宣にて初解禁となる予定。

 きゃりーは「常にSNSを通して自分を発信してきた私にとって、『きみがいいねくれたら』という楽曲が自分にピッタリだし、ドラマにもピッタリ。歌っていてすごく気持ちがいいです。ぜひ、ドラマと一緒に私の楽曲も楽しんでください!」とアピールしている。

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索