アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • 日韓文化融合のガールズグループ結成へ TWICE“生みの親”が構想語る

日韓文化融合のガールズグループ結成へ TWICE“生みの親”が構想語る

 ソニーミュージックが7日、都内のSME六番町ビルで会見を開き、韓国の大手芸能事務所JYPエンターテインメント(以下、JYP)との共同事業『Nizi Project』の始動を発表した。グローバルに活躍するガールズグループの結成、育成を両社が共同で行うもので、5月から日本、ハワイ、米ロサンゼルスの計10ヶ所で国籍不問のグローバルオーディションを開催し、2020年11月にメジャーデビュー予定。

【写真】その他の写真を見る


 会見にはTWICEの“生みの親”として知られ、韓流ムーブメントをけん引するJYPの設立者であるパク・ジニョンCCOも登壇。インカムをつけたパク氏は「記者会見で使いそうな言葉だけ集中的に勉強しました」と笑顔を見せると、日本語でプロジェクト概要のプレゼンテーションを始め、「日本と韓国の大手企業が始めから終わりまで一緒に組むことは初めてと聞いたのでワクワクしています」と声を弾ませた。

 今回発表された『Nizi Project』は、ガールズグループのメンバーの選考をはじめ、トレーニング、企画、制作、マネジメントまですべてをJYPとソニーミュージックが共同で実施するもの。応募資格は満15歳(2019年3月末までに中学校を卒業)〜満22歳までの女性で国籍は不問。5月1日からエントリーを開始し、7〜8月にかけて日本国内8都市(札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡、沖縄)、ハワイ、ロサンゼルスの10ヶ所をパク氏が訪れ、オーディションを実施する。

 求める人材についてパク氏は「自分だけの個性があって、スター性のある人材を探します。審査基準は他の会社とは少し違うはずです。ダンス、歌が上手かよりも大切なのは、ナチュナルさ。自分の声、自分の表情、自分の性格で踊って歌っているかを見ます」と明かす。

 まずはデビュー準備組20人を選抜し、JYPトレーニングセンターで6ヶ月間、ダンス教育、ボーカル教育、体力管理教育、芸能活動のための品格教育などを受ける。ここまでの過程を撮影した番組を20年4月から放送予定で、最終的に選ばれたメンバー(人数未定)が2020年11月にデビューする。

 パク氏は日韓のアイドル文化の違いについて「日本は準備の過程からファンが応援し、成長する姿を共有するため、アイドルたちが完成されていない状態、未熟な姿も気にせず見せると思っています。反対にK-POPアイドル文化は長い期間、徹底的に準備して、ある程度完成された姿を見せます」と説明。今回のプロジェクトでは「この2つの文化を合わせて、準備は長い期間、徹底的にしますが、その過程をファンたちにお見せする計画です」と日韓それぞれの文化の良さを融合していくとした。

 また、特徴的なのは、国籍は不問であるものの「日本語を自由に話せること」を条件としていること。その理由については「これまでK-POPアーティストが日本で活動するなかで残念に感じていたのは、日本の大衆の方と深くコミュニケーションするのが難しかったこと。十分にコミュニケーションを取るには言葉の難しさという側面があった。今回の応募条件としては、日本人でなくても構わない。ただ、自由に日本語を駆使できる人。より日本の皆さまと深く、幅広くコミュニケーションを取っていけるアーティストにしていきたいという考えからそのような条件を提案しました」と説明した。

 活動拠点については、「目標は全世界で活躍することですが、あくまでもスタートは日本。メインの舞台は日本となります」と明言。「日本をスタート地点にして、韓国を含め多くの国々で活動していくことを目標にしています」とし、「世界中で勝負できることを目標に、皆さんが誇らしく思えるグローバルグループが誕生できるように最善を尽くします」と言葉に力を込めた。今回はガールズグループ結成のプロジェクトとなるが、成功した際にはそのノウハウを活用したボーイズグループの結成も視野に入れている。

 会見にはソニー・ミュージックエンタテインメント取締役の村松俊亮氏、JYPエンターテインメントCEOのチョン・ウク氏も登壇し、共同事業の契約書の調印式も行われた。

■パク・ジニョン氏プロフィール
韓国のシンガー・ソングライター/音楽プロデューサーで、総合エンターテインメント企業JYP Entertainmentの創業者。1994年にシンガー・ソングライターとして歌手デビューし、97年にプロデュース業を開始した。ピ(Rain)、Wonder Girlsを育て上げ、現在は2PM、GOT7、TWICEらが所属。作詞/作曲/プロデュースした49曲が日本、韓国、中国の主要音楽ランキングの1位を獲得している。JYP社はKOSDAQ株式内で10億ドル以上の市場価値を保有するK-POP界を代表する企業で、日本、中国、タイに支社を構える。



関連写真

  • ソニーミュージックと韓国の大手芸能事務所JYPエンターテインメントが共同事業始動を発表(左から)村松俊亮氏(ソニー・ミュージックエンタテインメント取締役)、パク・ジニョン氏(JYPエンターテインメントCCO)
  • (左から)村松俊亮氏(ソニー・ミュージックエンタテインメント取締役)、パク・ジニョン氏(JYPエンターテインメントCCO)、チョン・ウク氏(JYPエンターテインメントCEO) (C)ORICON NewS inc.
  • 数々のK-POPアーティストを手がけたパク・ジニョン(J.Y.Park)氏(C)ORICON NewS inc.
  • (左から)村松俊亮氏(ソニー・ミュージックエンタテインメント取締役)、パク・ジニョン氏(JYPエンターテインメントCCO) (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)村松俊亮氏(ソニー・ミュージックエンタテインメント取締役)、パク・ジニョン氏(JYPエンターテインメントCCO) (C)ORICON NewS inc.
  • 数々のK-POPアーティストを手がけたパク・ジニョン(J.Y.Park)氏(C)ORICON NewS inc.
  • 共同事業『Nizi Project』契約書の調印式(左から))村松俊亮氏(ソニー・ミュージックエンタテインメント取締役)、チョン・ウク氏(JYPエンターテインメントCEO) (C)ORICON NewS inc.
  • パク・ジニョン(J.Y.Park)氏が『Nizi Project』をプレゼンテーション (C)ORICON NewS inc.
  • パク・ジニョン(J.Y.Park)氏が『Nizi Project』をプレゼンテーション (C)ORICON NewS inc.
  • パク・ジニョン(J.Y.Park)氏が『Nizi Project』をプレゼンテーション (C)ORICON NewS inc.
  • パク・ジニョン(J.Y.Park)氏が『Nizi Project』をプレゼンテーション (C)ORICON NewS inc.
  • パク・ジニョン(J.Y.Park)氏が『Nizi Project』をプレゼンテーション (C)ORICON NewS inc.
  • パク・ジニョン(J.Y.Park)氏が『Nizi Project』をプレゼンテーション (C)ORICON NewS inc.
  • ソニーミュージック×JYPエンターテインメントが『Nizi Project』始動 (C)ORICON NewS inc.
タグ

オリコントピックス