アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • 【紅白】椎名林檎、宮本浩次と“1年計画”コラボ SNSでは「優勝」の声も

【紅白】椎名林檎、宮本浩次と“1年計画”コラボ SNSでは「優勝」の声も

■『第69回NHK紅白歌合戦』(31日、東京・渋谷 NHKホール)
 紅組・白組どちらでもない特別企画として、昨年の紅白がきっかけでコラボレーションが実現した椎名林檎宮本浩次が和装で「獣ゆく細道」を披露した。

 昨年の紅白にエレファントカシマシが初出場した際、椎名がボーカルの宮本浩次にコラボをオファーした。宮本は「2018年はどういう年ですか? と聞かれて、『なんでもやります』とは言っていないけど…暇だと」と答えたことを振り返ると、椎名は「すぐそこの下手のところでお話し申し上げて、お願いしたことを今夜かなえてくださって。もちろん紅白、今日のことまでを見据えて(曲を)書きましたので、うれしいです」と笑顔を見せた。

 両者は10月2日に「椎名林檎と宮本浩次」名義で配信リリースした「獣ゆく細道」を披露。怪しい世界観、編笠をかぶったバンドの演奏で息をのむような歌の絡み合いを展開し、「静」の椎名、激しく歌い、踊り狂う「動」の宮本の対比で惹きつけた。

 SNSでも「すさまじくよかった」「宮本さんが荒ぶっててよかった」「椎名林檎×宮本浩次、優勝だった」と感動の声が広がった。



オリコントピックス