アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • 【紅白リハ】星野源、朝ドラ主題歌歌唱に感慨 今年の漢字は「楽」

【紅白リハ】星野源、朝ドラ主題歌歌唱に感慨 今年の漢字は「楽」

■『第69回NHK紅白歌合戦』リハーサル初日(29日、東京・渋谷 NHKホール)
 シンガー・ソングライターの星野源は、リハーサル後の囲み取材で「楽しかった」「楽しみたい」を連発。2018年を表す漢字も「楽しい」の「楽」を挙げた。

【写真】その他の写真を見る


 まず、リハーサル自体が「すごく楽しかったです」。『紅白』では、4月から9月までNHKで放送された連続テレビ小説『半分、青い。』の主題歌「アイデア」を歌唱する。「ものすごく気合いの入った演出を考えてくれて、NHKホールを存分に使ったステージになります」と星野。一番のツボは「盆(舞台転換に使用するターンテーブル)が回る演出。テレビで見れて最後の世代だと思うので」と見どころを語った。

 今回の演出も含めて「アイデア」は、「自分の中で挑戦したことややりたかったとがつまった楽曲。それを皆さんの前で、『紅白』の舞台で披露できることがすごくうれしい。朝ドラの『半分、青い。』も挑戦的で面白い作品だった」と感慨深げ。視聴者としても毎朝楽しんでいたようで、「いろんな展開があって、すごかった。芽郁ちゃんが泣くところは一緒に泣いてしまいますよね」としみじみ話していた。

 本番の審査員席には、その『半分、青い。』に出演した永野芽郁と佐藤健が座っている。「芽郁ちゃんは夏に『うたコン』(NHK)でご一緒して、目の前で歌わせていただいたんですが、健くんにはまだ会ったことがない。たぶん、いきなり本番でお会いすることになると思うので、楽しみ。一番、聴いてくれた2人だと思うから。一生懸命歌いたい」と意気込んだ。

 『紅白』番組内で、星野が“お母さんキャラ”の「おげんさん」にふんして、ユニークな家族で繰り広げる音楽番組『おげんさんといっしょ』(同局)のコーナーも予定されているが「出演者も何が起こるかわからない。尺(時間)が決まっていて、その中で1曲歌うということだけ」という状況も楽しみにしている様子だった。

 来年もドームツアーや主演映画の公開、さらには大河ドラマ『いだてん』の出演も控えて、多忙そうだが、「今年、後半はアルバム作りをしていて楽しかった。来年も、適度に遊ぶというか、休みつつ、楽しい一年にしたい」と抱負。今年は2月にハワイ旅行に行ったきり、国内旅行はできなかったそうだが、「来年は、国内旅行をしたい。1ヶ所、決めているんですが、行き先は内緒」とにっこり笑っていた。



関連写真

  • 『第69回NHK紅白歌合戦』のリハーサルに参加した星野源 (C)ORICON NewS inc.
  • 『第69回NHK紅白歌合戦』のリハーサルに参加した星野源 (C)ORICON NewS inc.
  • 『第69回NHK紅白歌合戦』のリハーサルに参加した星野源 (C)ORICON NewS inc.
  • 『第69回NHK紅白歌合戦』のリハーサルに参加した星野源 (C)ORICON NewS inc.
  • 『第69回NHK紅白歌合戦』のリハーサルに参加した星野源 (C)ORICON NewS inc.
  • 『第69回NHK紅白歌合戦』のリハーサルに参加した星野源 (C)ORICON NewS inc.
  • 『第69回NHK紅白歌合戦』のリハーサルに参加した星野源 (C)ORICON NewS inc.
  • 『第69回NHK紅白歌合戦』のリハーサルに参加した星野源 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス