WANIMA、高畑充希主演ドラマ主題歌書き下ろし「何度も試してはやり直し辿り着いた」

 3人組バンド・WANIMAが、1月スタートの高畑充希主演ドラマ『メゾン・ド・ポリス』(毎週金曜 後10:00 TBS系)の主題歌として新曲「アゲイン」(発売未定)を書き下ろしたことが明らかになった。

 同ドラマは加藤実秋氏の『メゾン・ド・ポリス』シリーズ(角川文庫刊)が原作。主人公の若手刑事・牧野ひより(高畑)が、退職警察官だけが住むシェアハウス『メゾン・ド・ポリス』を訪れ、何やらワケありの“おじさま”たちに振り回されながら事件を解決していく。

 WANIMAはドラマのために主題歌「アゲイン」を書き下ろし。KENTA(Vo/B)は「3人で何度も試してはやり直したどり着いた一曲です。たくさんの方々に届くことを願っております」と期待を寄せた。

 ドラマの橋本芙美プロデューサー(共同テレビ)は「新たな名曲が誕生したと言っても過言ではないくらい、素晴らしい曲をWANIMAさんが作ってくださいました。この曲を聴くと、たちまちテンションが上がってくる、元気が湧いてくる、そんな曲です」と太鼓判。「一度聴くと頭から離れなくなる直球なメロディーと、魂あふれる歌が、ドラマと共に視聴者の皆様の心をガッツリつかんでくれること、間違いなしです!」と自信をみせている。

■WANIMA KENTAのコメント
主題歌を任せて頂きありがとうございます。
純粋に嬉しかったです。
3人で何度も試してはやり直し辿り着いた一曲です。
沢山の方々に届くことを願っております。
「アゲイン」開催します!!

関連写真

  • 高畑充希主演ドラマ『メゾン・ド・ポリス』主題歌を担当するWANIMA
  • 高畑充希がワケありの“おじさま”たちに振り回される『メゾン・ド・ポリス』(C)TBS

オリコントピックス

メニューを閉じる