アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • ワンオクTomoyaが“淫行報道”で謝罪「未熟な人間だったと反省」

ワンオクTomoyaが“淫行報道”で謝罪「未熟な人間だったと反省」

 ロックバンド・ONE OK ROCKのドラム・Tomoya(31)が26日、バンド公式サイトを通じて、同日発売の写真週刊誌『FRIDAY』で報じられた“淫行報道”について、お相手の女性をはじめ、メンバーや関係者、そしてファンに向け謝罪コメントを発表した。

 同誌では、約7年前にTomoyaが、当時16歳の女子高生(現在23歳)と淫行したことを、女性本人の証言や現場写真などを交えて報じた。

 これを受け、午後3時過ぎにバンドサイトは「Tomoyaよりファンの皆様へ」のエントリーで更新され、Tomoyaは「この度はファンの皆様やメンバー、関係者の皆様にご心配やご迷惑をおかけしたこと、また、今回報道にあった彼女に対してお詫び申し上げます」と謝罪。

 「7年前の僕はデビューして間もない頃で、ただ勢いよく突っ走ることが自分やバンドのすべてだと思う毎日で、それしか考えていませんでした。社会的なことは何も分かっておらず、未熟な人間だったと反省しております」と伝え「今後はバンドを応援してくれる皆様の期待を裏切る事なく、精進していきますので今後ともよろしくお願いします。Tomoya」と呼びかけた。

 ワンオクは、2005年にバンド結成。エモ、ロックを軸にしたサウンドとアグレッシブなライブパフォーマンスが若い世代に支持されてきた。07年にデビューして以来、全国ライブハウスツアーや各地夏フェスを中心に積極的にライブを行う。これまでに、日本武道館、野外スタジアム公演、大規模な全国アリーナツアーをはじめ、アメリカ、ヨーロッパ、アジアでのワールドツアーを成功させるなど世界基準のバンドになっている。

 Tomoyaは昨年6月に自身のインスタグラムで結婚を発表。同年11月に第1子となる男児誕生を報告している。



オリコントピックス