アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • 細川たかし、地元・北海道の復興に一役「明るい歌を届けていきたい」

細川たかし、地元・北海道の復興に一役「明るい歌を届けていきたい」

 演歌歌手の細川たかしが18日、東京・NHKホールで行われた『第18回 虹の架け橋まごころ募金コンサート』公演に出演。日本音楽事業者協会が主催で、災害支援と環境問題改善を軸に2001年からスタートした同公演。今回のコンサートチケットの売上の一部が、地元・北海道で起きた災害への復興支援に充てられることから、その思いを語った。

【写真】その他の写真を見る


 細川は「今年は全国的に災害の被害があった中で、北海道も大変でした。地元だということで、明るい歌を届けていきたい」と意気込み。氷川きよしも「地震や豪雨で大変な被害に遭われた方がたくさんいらっしゃって、本当に胸が痛くて『何かできることはないだろうか』と思っていました。そんな中、このコンサートに参加させていただけて、本当に感謝しています」と呼びかけていた。

 司会は徳光和夫藤原紀香が担当し、そのほか新川二朗、三船和子、城之内早苗藤あや子大石まどか市川由紀乃、さわち美欧、井上由美子北山たけし森山愛子入山アキ子大江裕、出光仁美、川上大輔エドアルド、松阪ゆうき、三丘翔太、UNIONE、辰巳ゆうとChuning Candyも出演した。



関連写真

  • 地元・北海道に「明るい歌を届けたい」と誓った細川たかし (C)ORICON NewS inc.
  • 『第18回 虹の架け橋まごころ募金コンサート』で司会を務める(左から)藤原紀香、徳光和夫
  • 『第18回 虹の架け橋まごころ募金コンサート』公演に出演した氷川きよし (C)ORICON NewS inc.
  • 『第18回 虹の架け橋まごころ募金コンサート』公演出演者たち(C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス