アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • 宮脇咲良、矢吹奈子、本田仁美が日韓グループ「IZ*ONE」専任 48G活動2年半休止

宮脇咲良、矢吹奈子、本田仁美が日韓グループ「IZ*ONE」専任 48G活動2年半休止

 HKT48宮脇咲良(20)、矢吹奈子(17)、AKB48本田仁美(16)の3人が、韓国のオーディション番組『PRODUCE 48』の合格者12人で結成された日韓12人組ガールズグループ「IZ*ONE」(アイズワン)の活動に専念するため、2021年4月までの2年半、AKB48グループの活動を休止することが24日、千葉・幕張メッセで行われた握手会イベントで発表された。活動休止前最後となるAKB48の54枚目シングル「NO WAY MAN」を11月28日にリリースし、センターは宮脇、両サイドを矢吹と本田が固める。

 3人はAKB48グループと韓国の人気オーディション番組『PRODUCE101』のシステムを結合させたプロジェクト『PRODUCE48』に挑戦。日韓96人の練習生の中から過酷なセレクションを経て、8月まで行われていた視聴者投票で宮脇は2位、矢吹は6位、本田は9位となり、「IZ*ONE」のメンバーとして2年6ヶ月活動することが決まっている。

 宮脇はAKB48グループの活動を休止することについて「IZ*ONEとしての2年6ヶ月は世界の方に観ていただくチャンスです。でも、どこかには48グループとしてのプライドを持って活動をしたいと思います。世界に向けて活動する分、48グループの名に恥じないようなアイドルになって帰ってきたいです。世界中の人が知っている日本のアイドルといえば、私たちになっていれば嬉しいです」と意気込む。

 ファンに向けては「寂しい思いをさせてしまったり、今よりも会える機会は減ってしまいますが、私は私自身のためにも、48グループのみんなのためにも、その可能性を拡げるために、この3人で代表として頑張ってくるので、どこにいても応援していただきたいですし、2年6ヶ月待っていていただければ」とメッセージを送っている。

 HKT48の最新シングル「早送りカレンダー」で田中美久とともに初センターを務めた矢吹は「AKB48グループとして活動ができないというのは、もちろんさびしいのですが、中途半端に活動をするよりも、IZ*ONEのメンバーとして頑張って大きな存在になることが、ファンのみなさんにも喜んでいただけると思うので、今までの自分を超えて、より大きくなって帰ってきたいです」と宣言。

 AKB48の47都道府県選抜チーム8の栃木県代表メンバーで今回初選抜された本田は「悲しむファンの方もいるかと思いますし、実際そのような声を聞いたりもしました。私が『頑張りたい』と思ったことなので、応援していただければと思います。またAKB48に戻ってきた際には『韓国に行って良かったな』と思っていただけるようにしっかり私も頑張りたいと思います。2年6ヶ月後にはAKB48のセンターに相応しいくらいのスキルを身につけて帰ってきたいです」と頼もしくコメントした。

 3人は10月21日に千葉・幕張メッセで行われるAKB48大握手会が活動休止前最後の握手会となる。

オリコントピックス