• ホーム
  • 音楽
  • 高橋優、約1年ぶり連ドラ主題歌 主演・野村周平「真っ直ぐな歌詞に共感」

高橋優、約1年ぶり連ドラ主題歌 主演・野村周平「真っ直ぐな歌詞に共感」

 シンガー・ソングライター高橋優が、10月6日から東海テレビ・フジテレビ系でスタートする野村周平主演ドラマ『結婚相手は抽選で』(毎週土曜 後11:40)の主題歌を担当することが13日、わかった。

 同ドラマは垣谷美雨氏の同名小説が原作。現代に生きるコミュニケーションの苦手な若者たちが、国に強制されたお見合いによってリアルな社会問題と直面する社会派ヒューマンドラマとなっている。

 主題歌に起用されたのは、高橋の6thアルバム『STARTING OVER』(10月24日発売)に収録される新曲「aquarium」。高橋がドラマ主題歌を担当するのは18枚目シングル「ルポルタージュ」(昨年11月発売)以来、約1年ぶりとなる。

 高橋は「もしもこのドラマのような法律が施行されたら、戸惑うけれど内心ワクワクもしそう。統制されることの理想と現実。ルールの中に押し込められることで見えてくる自由の本質。水槽の中に入れられた魚は何を思って泳いでいるのか。そんなことを思いながら、aquariumという楽曲を書きました」と解説。

 主演の野村は「聴くだけで背中をグッと押してもらえるようなストレートで真っ直ぐな歌詞にも共感できますし、ドラマのキーワードになる言葉がたくさん詰まっています。歌詞に注目しながら、ドラマの世界観を楽しんでいただければと思います」と聴きどころをアピールした。



オリコントピックス