アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • 次期朝ドラ主題歌はドリカム 史上初の26年ぶり2回目 安藤サクラも感激

次期朝ドラ主題歌はドリカム 史上初の26年ぶり2回目 安藤サクラも感激

 10月1日から放送開始されるNHK連続テレビ小説『まんぷく』(月〜土 前8:00 総合ほか)の主題歌にDREAMS COME TRUEの新曲「あなたとトゥラッタッタ♪」が起用されたことが明らかになった。ドリカムが朝ドラ主題歌を担当するのは、石田ひかりがヒロインを演じた『ひらり』(1992年10月期)に提供した「晴れたらいいね」以来26年ぶり。2度目の主題歌担当は、朝ドラ57年、99作の歴史で初となる。

 連続テレビ小説99作目となる『まんぷく』は、今や生活に欠かせないものとなった「インスタントラーメン」を生み出した夫婦の知られざる物語を描く。三人姉妹の末っ子で、貧しいながらも愛情をいっぱい受けて大らかに育ったヒロイン・今井福子を安藤サクラが演じる。

 ドラマのために「あなたとトゥラッタッタ♪」を書き下ろしたドリカムは「1992年放送開始の『ひらり』では主題歌『晴れたらいいね』を担当しました。それ以来二度目の主題歌担当ということでとても光栄に思っています。笑ったり泣いたり怒ったり、福子さんの萬平さん(注:長谷川博己演じる夫)に対するスペシャルな『愛』をマーチのリズムに乗せて届けます。この楽曲が『まんぷく』と一心同体となり、ひとりでも多くのみなさまが『トゥラッタッタ♪』と口ずさんでくださることを願っています」とのコメントを寄せた。

 ドリカムに主題歌をオファーした経緯について制作統括の真鍋斎氏は「ドリカムさんに連続テレビ小説の主題歌をお願いするのは2回目となります。そして、それは初の試みでもあります。移ろい行く時の流れに耐えて、30年間、エンターテインメントの第一線で活躍されているDREAMS COME TRUE。その楽曲の数々は、今も色あせず新鮮な輝きを放っています。このドラマが、ドリカムさんの楽曲のように、いつまでも皆さんの心に残りますように。そんな願いをこめて、2度目の依頼をしました」と説明。「とても力強く、爽やかな楽曲をいただきました。いつものように、何度聴いても色あせない楽曲です」とコメントしている。

 既に主題歌を聴いた史上初の“ママさんヒロイン”安藤も「初めて聴いたときからわくわくが止まりません。わくわくがあふれて聴く度に涙が出ます。この曲と一緒なら、絶対ぜったい大丈夫じゃんってちょっぴりあった不安は全部吹っ飛んでいきました」と感激し、「この曲が毎回ど頭で流れるなら確実におもしろい!この朝ドラ!!」と自信を深めている。

関連写真

  • 26年ぶりに朝ドラ主題歌を担当するDREAMS COME TRUE
  • 安藤サクラが史上初のママさんヒロイン 10月スタート『まんぷく』

オリコントピックス

役立つ!使える!おすすめ情報満載♪ 春の新生活「応援」特集 2019