アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • 森山愛子、デビュー15周年に感慨「辞めようと思ったこともあったけど…」

森山愛子、デビュー15周年に感慨「辞めようと思ったこともあったけど…」

 演歌歌手の森山愛子(33)が24日、東京・草月ホールで15周年記念コンサート『夢街道まっしぐら』を開催。開演前の取材で「15周年、早かったような、あっという間だったような…。20代半ばくらいに歌の道を辞めようかと思ったこともあったけれど、続けてこれてよかった。皆さんに感謝しています」と感慨深げの表情を浮かべた。

 アントニオ猪木氏に「森山愛子」と命名され、2004年に「おんな節」でデビュー。自身最大のヒットとなっている新曲「会津追分」では、初のご当地ソングに挑戦している。

 報道陣から「紅白出場」を期待する声があがると「一つひとつ積み上げていけば、結果としてついてくる舞台だと思ってる。今は一日、一日を頑張っていきたい」と、まっすぐ前を向いて返答。

 コンサートでは「皆さんの思い出に残ることをしたい」という思いから、都立・白鴎高等学校・付属中学校の長唄三味線部と共演。「素晴らしい演奏」と、部員たちの腕前を絶賛し「すごいピュアな子たち。私も学生時代に戻りたいなと思いました」と異色コラボも楽しんでいた。



関連写真

  • デビュー15周年を迎えた森山愛子 (C)ORICON NewS inc.
  • デビュー15周年を迎えた森山愛子 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス