• ホーム
  • 音楽
  • くるり岸田繁『交響曲第二番』東名京で初演決定 『第一番』楽譜出版も

くるり岸田繁『交響曲第二番』東名京で初演決定 『第一番』楽譜出版も

 ロックバンド・くるり岸田繁が新たなオーケストラ作品『交響曲第二番』を制作し、今年12月から京都・名古屋・東京で初演されることが3日、発表された。

 岸田は50分を超える『交響曲第一番』を2016年に完成させ、同年12月その初演がロームシアター京都と東京オペラシティで披露された。1曲を作り上げるだけでも至難といわれる交響曲だが、岸田はまたも大作に挑戦。『第二番』初演は12月2日に京都コンサートホール、同月4日に愛知県芸術劇場コンサートホールにて、来年3月に東京オペラシティコンサートホールで開催される。指揮は広上淳一、演奏は京都市交響楽団。

 また、『交響曲第一番』がレンタル楽譜としてきょう3日より出版されている。

■岸田繁コメント

音楽を作り出すことについて考えています。何も考えず頭を真っ白にして、感覚だけを頼りに、ただ歌っていくことが、私にとっての作曲の第一歩です。それは自分自身の心を発見する作業でもあります。そして、それらを編んで完成させることは、人々の想いやその役割を学ぶことにより、時代や歴史を発見する作業だと思っています。

私にとって、オーケストラ作品の作曲とは、伝統的なクラシック音楽の形式を学びながら、ポップスの楽しさ、各地で歌い継がれる民謡の美しさ、ロックのエネルギー、ジャズの味わい深さ、レゲエの優雅さ、DAWによる最新の音作りなど、全てを動員することができるとても楽しい作業です。どんな時も、作る音楽はソウルミュージックでありたい、と思っています。夢や希望、悲しみや苦悩、誰かを想う気持ち、それらを魂から滲ませて、広上先生や京都市交響楽団と一緒にキラキラと輝くような音にしていきたいと思っています。



オリコントピックス